« ・平野神社でみかけた、夏から秋への草花のバトンタッチ | トップページ | ・二年ぶりに西陣会館に季節の着物ショーを見に行きました »

2013年10月 4日 (金)

・丹波路でみかけた、夏から秋への草花のバトンタッチ

 毎週2回愛車に乗って約1時間ドライブをして、京都縦貫道路を通り京丹波の研究室に行きます。明治以前のいわゆる丹波地方は京都府と兵庫県に分けられ、京都府側京丹波と呼んでいます。国道9号線沓掛から高速に入り、途中で平安時代に酒呑童子が住んでいたとされる老ノ坂明智光秀の城下町だった亀岡と並ぶ山並みを抜け、木々の緑を見ながらやがて終点の丹波に達します。そこは少し開けた盆地で、京都市内に比べ、緑豊か土地でほっとした気分になります。丹波路でも、見かけたクズ、コスモス、エノコログサ、ススキなどの草花は、夏から秋に変わろうとしていました。

 

Ata0

 

夏から秋を彩る草花

 秋の七草ハギ、ススキ、キキョウ、ナデシコ、クズ、フジバカマ、オミナエシ

春の七草」は春になって芽吹く山菜をつみ、春の到来を愛でて「七草がゆ
 にして食べられる草花が選ばれています。それに対して「秋の七草」は、い
く秋を惜しみ、観賞する草花が選ばれているようです。

 秋の七草」は、山上憶良万葉集の歌で選んだものが、現在に至ってい
 るようです。 

 「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)かき数ふれば

 七種(ななくさ)の花 萩の花 尾花(ススキ)葛花(クズ) 撫子の花
(ナデシコ) 女郎花(オミナエシ) また藤袴(フジバカマ)朝貌
(あさがお:実際にはキキョウを指すのが定説)の花」

 

Ata1

クワの木に巻きついたクズ

 マメ科のつる性多年草。荒地などによく繁茂し、地下部にできる塊根で繁
 殖するため、いったん生えだすと地上部を刈り取っても、根絶はかなり困難
となります。かってアメリカに日本から、飼料作物庭園装飾用に導入され
て広がり、英名は日本語のクズからkudzuとなっています。塊根からデンプ
をとったものがくず粉ですが、葛切、葛湯、葛餅にされたり、また根を干
したものが渇根で、漢方薬の葛根湯の材料となり、風邪や胃腸不良の治療に
使われます。混じりけのない葛粉本葛と呼ばれますが、収穫に手間がかか
るため高価です。普通にくず粉として売っているものは、ジャガイモ、コー
ンスターチなどを混ぜたものが多く、業務用並み葛はサツマイモデンプン
100のもののようです。

写真にありますように地面をはって広がり、クワの木にもこのように巻
つき、10メートル以上に伸びることもあるようです。地下部には肥
大したナガイモ状の塊根ができます。

 

Ata2

クズの花

 8~9月に穂状の花序ができ、濃紺紫色の甘い芳香を発する花が咲きます。
花には白いものと、ピンク色の花もあるようです。

 

Ata3

クズの莢

 開花後には剛毛に覆われたエダマメ状の莢ができ、中には扁平な果実がで
 きます。

 

Ata4

コスモス

 キク科コスモス属の1年生の草花で、別名は山口百恵さんの歌でヒットした「秋桜」。コスモスの語源はギリシャ語で世界、宇宙、秩序を意味し、花の形はまさに秩序通り放射対称になっています。

 

Ata5

コスモスの花

 原産地メキシコで、本来は短日植物ですが、6月から咲く早生品種もあり
 ます。日当たりと水はけが良ければどこでも栽培できるため、休耕田などで
 観光用によく栽培されています。

 

Ata6

エノコログサ

 イネ科1年生雑草で、野原に良く見かけます。夏から秋に出るイヌの尾に似ていることから犬っころ草と呼ばれ、それがなまってエノコログサになったとされています。また、を動かすと猫がじゃれて遊ぶことから、ネコジャラシとも呼ばれます。

 

Ata7

エノコログサの穂

 夏に茎が伸びて、先端にをつけます。花穂は円形で一面に花が咲き、多
 数の毛が突き出てブラシ状になります。

 

Ata8

ススキ

 ススキはイネ科ススキ属の多年生草本で、あるいはとも書きます。エノコログサの穂と同じように、ススキも動物の尾に見立てられて尾花と呼ばれ、ススキ自体も尾花と古くから呼ばれてきました。

 

Ata9

ススキの穂

 野原で普通に見かけ、夏から秋にかけて1メーターくらい伸びた茎の先端に花穂をつけます。花穂タネができると白い毛が生えてくるため、花穂全体が白っぽい正にススキの穂となります。タネが成熟すると風に乗って飛散して飛んで行きます。

 

それでは最後にコスモスの花を背景にした、倍賞千恵子の「秋桜」をyou tune からお聞きください。

 

 

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。

 

|

« ・平野神社でみかけた、夏から秋への草花のバトンタッチ | トップページ | ・二年ぶりに西陣会館に季節の着物ショーを見に行きました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ほんとう、秋らしいですね。
そういえば、去年、実家の庭にススキがはえてしまい、他の植物を圧倒してしまいました。
見た目はたおやかな感じですが、実際引き抜こうとしたら全く歯が立たず…
ススキって、根がしっかりしていますね。

投稿: きいろひわ | 2013年10月 6日 (日) 11時27分

今晩は きいろひわさん sign01

ススキなど元もと生えていた草花は、植えた草花に比べて
たくましいですね。happy01

踏みつけられても、ほったらかしにしていても、丈夫にちゃんと生え
残っていますから驚きです。smile

きいろひわさんのお庭にはシモツケ、キャットミントなど、たくさん
ありますね。アリッサム、ナスタチウムなどは可愛いお花も満開ですね。wink note

行く秋を惜しみ何処でも精一杯に頑張って咲いているようです。smile

投稿: プロフユキ | 2013年10月 6日 (日) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/58319041

この記事へのトラックバック一覧です: ・丹波路でみかけた、夏から秋への草花のバトンタッチ:

« ・平野神社でみかけた、夏から秋への草花のバトンタッチ | トップページ | ・二年ぶりに西陣会館に季節の着物ショーを見に行きました »