« ・五月のある日、瀬田の紫式部ゆかりの石山寺に行ってきました | トップページ | ・これからますます需要の伸びるセージの栽培と利用 »

2013年6月 1日 (土)

・ロンドンのチェルシー薬草園で買ったティータオル(ハーブ模様)

英国では洗ったティーカップソーサー(お皿)を拭く布巾をティータオルと呼び、スコーンが乾燥しないようにかける布としても使われています。更にそのデザインの良さから、テーブルセンター壁飾りなどインテリアにも利用され、イギリス観光旅行のおみやげとしても人気があります。イングランドに住んでいたとき、ロンドンのチェルシー薬草園に行ったことがありますが、そこで買ったティータオルを紹介します。

ロンドンで買ったハーブのトレイについては先に紹介しましたが、このタオルの模様には多数のハーブが描かれています。

Att1_027_2

Att2_0001

園芸愛好家が一度は訪れたいのが、チェルシー・フラワーショーですが、これはチェルシー薬草園の横で行われます。このカタログは1993年に行ったときのものです。

Att3_0002

 薬草園には地下鉄スローンスクエア駅District and Circle lines)から、歩いて約1kmテームズ川沿いにあります。

Att4_2

つたに囲まれた、こじんまりとした入り口です。

Att5

チェルシー薬草園Chelsea Physic Garden)はロンドンにあり、1673年に設立されたイギリスではオックスフォード植物園に次ぐ2番目に古い植物園です。1.53haの広さがあり、ロンドン中心部ケンジントン&チェルシー王立区にあります。18世紀半ばに黄金時代を迎え、世界で最も豊富な種を集めた植物園となり、ここのコレクションが米国ジョージア州への綿花栽培の導入などに貢献しました。

Att6_020

ハーブ、野菜や花を栽培する、施設や道具が描かれています。

Att7_016

ミント

シソ科ハッカ属で、多数の種類がある。エンドウや新ジャガイモに加え、ローストしたラムに添えます。

フェンネル

セリ科ウイキョウ属で、和名はウイキョウ、別名はスイートフェンネル。魚肉用ソースやサラダドレッシングに最適。

Att8_007

チャイブ

ユリ科ネギ属で、赤紫色の花をつけます。仏名はシブレット。風味あるサラダ、スープ、野菜、鶏肉、肉類、魚と共に用います。

Att9_008

タイム

シソ科で多くの種類があり、いずれも清清しい芳香を持ちます。仏名はタン。多くのシチュー、スープ、ソースとなべ焼き料理などの風味つけに良く用いられます。

Att_009

バジル

シソ科で多くの種類があり、伊名はバジリコ。トマト、ニンニク、イタリアンワインを使った料理などに最適。ソースやスープにも使います。

Att_010

ロ-スマリー

シソ科マンネンロウ属で、甘くて強い芳香がある。子牛の細切れに新鮮な葉を使ったり、スープ、マリネの漬け汁やソースに加えます。

Att_011

チャービル

セリ科に属し、淡い緑色の繊細な葉があります。仏名はセルフィーユ。焼き魚に付け合せたり、チーズの入ったオムレツやサラダにも良い。

ベイ

クスノキ科で、別名ベイリーフ月桂樹ローレルなどがあり、仏名はローリエ。ほとんどの風味ある料理に少量用います。トマトの詰め物にも付け合せられます。

Att_012

パセリ

セリ科に属し、仏名はペルシ。魚、肉、野菜料理の香りつけに特に合うハーブで、ビタミンに富んでいます。

Att_013

タラゴン

キク科に属し、仏名はエストラゴン。風味あるワイン、酢、サラダドレッシングや魚肉用ソースに用います。

Att_014

マジョラム

シソ科に属し、別名スイートマジョラム。詰め物、肉、猟鳥の肉や家禽に加えて用います。野菜にも振り掛けます。

Att_015

セージ

シソ科に属し、多数の種類がある。代表種はガーデンセージ。アヒル、ガチョウ、豚肉、鶏肉の詰め物に特に合うハーブです。

Att_019

ブーケガルニにはタイム2本、パセリ2本、マジョラム1本、セロリ1本、ベイリーフ1枚、ローズマリー1本使います。これらの材料は一緒にくくるか、くくって小さな布袋に入れます。食物と一緒に料理して、食卓に出すまでに取り除きます。

少し大きな写真特性などは、右サイドの マイコレクション  載せますのでそちらもご覧下さい

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。

|

« ・五月のある日、瀬田の紫式部ゆかりの石山寺に行ってきました | トップページ | ・これからますます需要の伸びるセージの栽培と利用 »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
資料を本当にありがとうございました。
しかし、ティータオルの存在は初めて知りました。
勉強になります。
そのタオルの絵柄を分析されるプロフユキさんも
やっぱりすごい人ですnote

投稿: もみじ | 2013年6月 5日 (水) 23時09分

今日は もみじさん sign01

野菜は草花の栽培もなかなか大変ですね。基本的には土地の水はけの良さが
大事なのですが、レンタル農園などでは中々自由に選べませんからね。happy01

でも額に汗して立派な野菜や花が咲けば、何ものにも代えがたい大きな
喜びですね。lovely

ティータオルは実用品でありながら、一寸飾りにもなり中々良いものですよ。smile

投稿: プロフユキ | 2013年6月 6日 (木) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/57502548

この記事へのトラックバック一覧です: ・ロンドンのチェルシー薬草園で買ったティータオル(ハーブ模様):

« ・五月のある日、瀬田の紫式部ゆかりの石山寺に行ってきました | トップページ | ・これからますます需要の伸びるセージの栽培と利用 »