« ・京都八百一本館が六角にオープンし、屋上菜園も開園1ヶ月になりました | トップページ | ・ロンドンのチェルシー薬草園で買ったティータオル(ハーブ模様) »

2013年5月26日 (日)

・五月のある日、瀬田の紫式部ゆかりの石山寺に行ってきました

石山寺は、滋賀県大津市にある東寺真言宗派に属します。本尊は如意輪観音、また寺は『蜻蛉日記』、『更級日記』『枕草子』などの文学作品にも登場し、『源氏物語』の作者紫式部石山寺参篭の折に物語の着想を得たとする伝承があります。

源氏絵物語の記念切手

が出ていることについては、先に書きました。

Ais1a

石山寺へのアクセスはJR東海道本線の「石山駅」で下車し、京阪電車の石山坂本線に乗り換え、京阪「石山寺駅」下車すれば後、徒歩10分で行けます。

Ais2_1_002

東大門

建久元年(1190)源頼朝の寄進により建てられたとされ、その後、慶長年間に大修理が行われています。 「東大門」は古寺にふさわしい堂々とした造りであり、重要文化財に指定されています。

Ais3_1_001

境内に入って直ぐのところに、境内の案内図があります。かなり境内は広いので、案内図を良く見ていかないと迷ってしまいます。

Ais4_1_005a

東大門

からまっすぐに伸びる参道の両側には、霧島つつじモミジが植えられ、毎年4月下旬に見頃を迎えます。

Ais5_1_006

参道のキリシマツツジは、歴代座主が大切に育ててこられました。石山ツツジ

とも呼ばれ、樹齢は150年から200年といわれています。

Ais6_1_008

これは天然記念物に指定されている硅灰石

です。硅灰石は、石灰岩が地中から突出した花崗岩と接触し、その熱作用のために変質したものですが、石山寺のように雄大な硅灰石となっているのは大変珍しく、そのため国の天然記念物に指定されています。「石山」という名称はこの硅灰石に由来しています。

Ais7_1_010

天然記念物

に指定された由来が書かれています・

Ais8_1_016

平安時代寛弘元年(1004)に紫式部は、新しい物語を作るために石山寺に七日間の参籠をしました。それは村上天皇皇女選子内親王が、まだ読んだことがない珍しい物語を一条院の后上東門院に所望しましたが、手許に持合わせのなかった上東門院が、女房の紫式部に命じて新作の物語を書かせようとしたため、式部は祈念のため籠ったのでした。折しも八月十五夜の月が琵琶湖に映えて、それを眺めていた式部の脳裏にひとつの物語の構想が浮び、源氏物語の着想が浮かんだとされています。

Ais9_1_019

石山寺

から見た瀬田川の景色です。こんな景色を見て、源氏物語の物語ができたのでしょうか。琵琶湖から流れる瀬田川は途中で宇治川と名前を変え南下し、京都市内を流れる鴨川と合流した桂川大山崎近くで合流し、名前を淀川と変えて大阪へ流れて行きます。

Ais1_024

境内にあった、紫式部像で、物語を書いている様子になっています。

Ais1_020a

境内では、丁度「石山寺と紫式部展が」開催されており、見学に行きましたがその途中にも、ツツジの見事な生垣が刈り込まれていました。

Ais_022

境内の無憂園梅園にはこのような藤棚があり、見事な花が咲いていました。

Ais1_027

境内のあちこちにはシャガが咲いていました。シャガアヤメ科アヤメ属の多年草です。森林周辺の木陰などの、やや湿ったところによく群生しています。開花期は4 - 5月ごろで、白っぽい紫のアヤメに似た花をつけます。

Ais1_033

境内の無憂園にはアヤメキショウブが群生していました。

Ais1_030a

アヤメ

は約300株植わっているとのことでした。アヤメアヤメ科アヤメ属の多年草です。アヤメ特に湿地を好むことはなく、山野の草地に生えるようです。葉は直立し高さ4060cm程度で、5月ごろに径8cmほどの紫色の花1-3個付けます。外花被片(前面に垂れ下がった花びら)に、網目模様があるのが特徴です。

Ais1_032

キショウブアヤメ科アヤメ属の多年草で、水辺に生育し美しい花を咲かせます。花茎の高さは60-100 cmになり、は幅2-3 cm、長さ60-100 cmの剣形で中脈が明瞭に隆起し、縁は全縁です。花期は5-6月で、アヤメノハナショウブと同様に、外花被片が大型の広卵形で先が下に垂れ、内花被片が小型で直立して、黄色の

を咲かせます。外花被片の中央に茶色がかった模様があり、和名は花が黄色であることに由来しています。

少し大きな写真特性などは、右サイドの その他の写真  載せますのでそちらもご覧下さい

関連記事が 日本の街角 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・京都八百一本館が六角にオープンし、屋上菜園も開園1ヶ月になりました | トップページ | ・ロンドンのチェルシー薬草園で買ったティータオル(ハーブ模様) »

・日本の街角 Hilights of Japan」カテゴリの記事

コメント

 どれも、見事な写真で、目を奪われてしまいました。

投稿: ぺーたー | 2013年5月30日 (木) 01時16分

今晩は ペーターさん sign01

見ていただいて有難う御座います。ツツジからアジサイの季節に移りそうで、
目が離せませんね。happy01

投稿: プロフユキ | 2013年5月30日 (木) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/57466154

この記事へのトラックバック一覧です: ・五月のある日、瀬田の紫式部ゆかりの石山寺に行ってきました:

« ・京都八百一本館が六角にオープンし、屋上菜園も開園1ヶ月になりました | トップページ | ・ロンドンのチェルシー薬草園で買ったティータオル(ハーブ模様) »