« ・これからますます需要の伸びるイタリアンパセリの栽培と利用 | トップページ | ・京都歴史探訪:あなたは平安時代の才媛・和泉式部のその後を知っていますか »

2013年3月12日 (火)

・アール・ヌーヴォーの画家ミュシャの展覧会に行ってきました

全国各地でミュシャ展が今開催されており、京都でも京都駅の伊勢丹内にある美術館「えき」3月一杯開催されています。先日滋賀に行った帰り、丁度時間があったので美術展をのぞいてみました。

アルフォンス・ミュシャ1860年当時オーストリア帝国の支配下にあった南モラヴィア地方(現在のチェコ)で生まれました。ウイーン、ミュンヘンで美術を学んだ後、 19世紀終わりから20世紀初頭にかけての「古きヨーロッパ」を彷彿とさせるアール・ヌーボー画家、装飾芸術家としてパリで活躍します。ウイーンといえば同時代のクリムトを思い出しますが、共に女性美を独特の描き方で表現しています。ミュシャの作品は優美な女性像花や植物をモチーフとした叙情的な曲線、文様に特徴があります。

Ams1

Ams2

パリで成功を収めた後、オーストリー帝国の崩壊に伴い独立を果たしたチェコスロバキアに戻り、祖国のためにほとんど無償で紙幣、切手、国章などのデザイン・装飾を引き受けます。

Ams3

1900年のパリ万国博覧会公式晩餐会招待状として作成されたリトグラフです。

Ams4

オー・カルチェ・ラタン誌特別版の表紙として作成されたリトグラフです。

Ams5

チェコ帰郷の翌年の制作で、冊子の挿絵・ヒヤシンス姫ヒヤシンス姫が身に着ける衣服はミュシャの故郷であるスラヴ風の様式が色濃く反映され、さらに頭部には赤いヒヤシンスの花の飾りが付けられた髪飾り描かれています。リトグラフで、冊子の挿絵です。

Ams6

コメディー・フランセーズのマダム・アメルん語るアイユールの歌(部分)で、リトグラフです。

Ams7

パリの舞台女優、サラ・ベルナールのポスター[椿姫](リトグラフ)。白い椿を好んだことから人々に椿姫と呼ばれるようになったマルグリットにちなみ、白い椿を描いています。白い椿の花のイメージに合わせた衣装の色彩の変化が見事です。

Ams8

スラヴィア銀行のポスターで、リトグラフです。

Ams9

パリから祖国チェコに戻り、ミュシャが手がけたのが18年がかりの大作「スラヴ叙事詩」です。その完成を記念して、1928年に開かれた展覧会のためのポスターで、リトグラフです。

Ams

舞台女優サラ・ベルナールの芝居のために作成した「ジスモンダ」のポスター(リトグラフ)。当時無名の挿絵画家だったミュシャはこの作品で大好評を博し、出世作となりこの後彼女のためにポスターをたくさん製作します。

Amsa

室内装飾品アルバム・ビザンチンの「花に囲まれた女性」で、「花に囲まれた赤毛の女性」とセットになっています。ビザンチン風の髪飾りをつけた女性が、花に囲まれています。

少し大きな写真特性などは、右サイドの その他の写真 載せますのでそちらもご覧下さい

関連記事が 随 想 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・これからますます需要の伸びるイタリアンパセリの栽培と利用 | トップページ | ・京都歴史探訪:あなたは平安時代の才媛・和泉式部のその後を知っていますか »

・随想 Random Thoughts」カテゴリの記事

コメント

プロフユキさん、こんにちは ♪
 
ミュシャの絵、なぜか好きなんです。
初めて何かで見たとき グッと心惹かれて…
それは当時のパリの人々も同じだったのですね。
久し振りにたくさん見られて嬉しかったです。
ありがとうございます。

生涯を通じて祖国を愛し続けた方でしたね。

投稿: ポージィ | 2013年3月13日 (水) 12時24分

今晩は ポージィさん sign01

ミュシャの絵は可愛くて何か惹かれるものがありますね。新聞で記事を見て
直ぐ行こうと決めていました。happy01

どの絵も素晴らしくて女性の優美さをたくさんの花を使って、描いていますね。shine note

クリムトの絵もそうですが女性の持つ美を上手く表現されていて、どちらも男性
なのにまた驚きます。smile

ミュシャは愛国的活動が災いして、侵攻してきたドイツのナチの尋問を受け
苦労さたようですね。bearing

投稿: プロフユキ | 2013年3月13日 (水) 18時25分

こんばんはnote
クリムト、ミュシャ、どちらも昔から大好きでした。

クリムトの絵は怪しげな、ミステリアスな魅力がありますが
ミュシャの絵には植物や星が散りばめられていたり、
とても綺麗で女性的な可愛らしさがありますね。
私もこの展示会、近くだったら行きたかったですhappy01

投稿: ひとみ | 2013年3月14日 (木) 23時48分

今晩は ひとみさん sign01

クリムトにもミュシャにも皆なにか惹かれるものがありますね。happy01

確かにクリムトには妖艶な雰囲気が漂いますが、その点ミュシャは
可愛い花に縁取られた絵が多いですね。shine eye

ビザンチンなど何か東洋風の図柄も多いですね。故郷モラヴィアの
イメージなんでしょうか。smile

今あちこちでやっているようですよ、ひょっとすると近くでもやっている
かもしれませんよ。delicious

投稿: プロフユキ | 2013年3月15日 (金) 22時55分

何ともいえない独特な色合いと優しさで、
女性の美しさが描かれていますね。
素敵です。
プロフユキさんの好みのような感じがしますhappy01

投稿: もみじ | 2013年3月16日 (土) 23時45分

今日は もみじさん sign01

女性の持つ優雅さを、色々の花解き見合わせた素敵な絵ですね。happy01

挿し絵やポスターが多かったためか、とても華やかで淡い彩りがいいですね。smile

ミロのビーナスみたいなたくましい女性美と違った、何か東洋風の美の
世界を感じさせてくれます。shine note

投稿: プロフユキ | 2013年3月17日 (日) 14時24分

こんにちは。
ミュシャの絵、素敵ですね。昔、ポスターが買えなくて、絵葉書を集めました。いくら見ていても見飽きませんね…
そういえば、こちらでゼラーズという総合量販店が閉店するということで、昨日、閉店セールに行ってきました。(もともと15カナダドルくらいだった)ミュシャのジグゾーパズルが結局1ドル以下で購入できました。うれしかったです。

投稿: Traduction JPQC | 2013年3月18日 (月) 09時06分

今日は Traduction JPQC さん sign01

いつもケベックからの便りを読ませてもらっています。カナダには
まだ行った事がないので興味深いです。happy01

ミュシャの絵はとてもいいですね、どれもじっくり隅まで見ると色々
発見がありそうですね。smile

そうですか、ジグソーパズルにもなっているのですね。いっぺん
お店をのぞいてみます。でも1ドルではとても買えないでしょうが。
良い買い物をされましたね。delicious shine

投稿: プロフユキ | 2013年3月18日 (月) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/56943435

この記事へのトラックバック一覧です: ・アール・ヌーヴォーの画家ミュシャの展覧会に行ってきました:

« ・これからますます需要の伸びるイタリアンパセリの栽培と利用 | トップページ | ・京都歴史探訪:あなたは平安時代の才媛・和泉式部のその後を知っていますか »