« ・京都歴史探訪:久しぶりに時代祭巡行を御所・間の町口近くから見学しました | トップページ | ・この京野菜・伝統野菜の名前は?(2) »

2012年10月31日 (水)

・ヨーロッパその他の各都市で買ったシンブルコレクション(その3)

先に、主にイギリスで買ったシンブルを紹介しました。ヨーロッパでは女性が裁縫道具を集めると幸せになるといわれており、とりわけシンブル(指ぬき)は欧米では金属製や陶器製のシンブルがコレクターズアイテムとして人気があるようで、大抵の都市ではお店でよく見かけました。各街の主要な教会お城などの建物がよく描かれていましたが、今回は前回に続いて残りのシンブルを紹介します。

Aaan1

Aaan1_1

 

ローマン・チェスター

古代ローマ時代(約200年)、イギリスは唯一ローマ帝国に占領されていました。ウエールズと境を接するイングランドチェスターにはローマ軍の駐屯地があり、ローマン・チェスターと呼ばれていました。前回示した音楽の町チェスターにも、こんな歴史があったのですね。

Aaan1_2

 

ヨーク大聖堂

イングランドの北方にある国教会の大聖堂で、ヨーク・ミンスターとも言われます。北ヨーロッパではケルン大聖堂に並ぶ、最大級の聖堂建築物です。イングランド国教会ではカンタベリーに次ぐ高位聖職者ヨーク大主教が管理しています。

Aaan1_3

 

ケルト模様

イギルスの各地には先住民族ケルトの遺跡が多数残っており、このケルト組みひも模様には独特のデザインがみられます。ティック・クロスは、十字に円形が融合された、ケルトデザインの中でも最も良く知られた形で、アイルランドスコットランドにこの文様をした石碑が多数残っています。

Aaan1_4

 

ベアトリックス・ポターの家

ビクトリア時代の絵本作家で、ピーター・ラビットなど23の絵本を書いています。彼女と彼女の書いたピーターラビット関連のコレクションについては先にに分けて紹介しています。

彼女はナショナルトラスト運動(自然保護運動)の創始者の友人の一人です。彼女の住んでいた家は広い庭と家はその運動に寄贈され、ヒルトップという名前で一般に公開されています。今でもポターが住んでいたときと同じ状態に家と庭は保たれ、私が行った時でもピーターリスのナトキン子ネコのトムが今にも飛び出してきそうな雰囲気でした。

Aaan1_5

 

タータンチェック・マッカーサー

タータンとはスコットランドのハイランド地方で発達した特徴ある格子柄のことで、

日本ではタータンチェックとも呼ばれています。スコットランドでは古くからそれぞれの部族ごとに特有の模様が織られていたようで、それらの苗字には私達のもよく知っているマクドナルド、マクベス、マクミランなどがあり、マッカーサーもその一つです。

Aaan1_6

 

タータンチェック・ハミルトン

これもスコットランドタータンですが、マク以外の苗字であるキャンベル、ゴードンなどもあり、このハミルトンもその一つです。

Aaan1_7

 

観光博物館・オックスフォード・ストーリー

オックスフォードケンブリッジと並ぶ大学都市で、前回にも大学について紹介しています。大学では、学生はこのような自転車でキャンパス内を移動しています。オックスフォードにはたくさんの観光客も訪れ、これらの人がオックスフォード歴史と魅力ゴンドラに乗ったまま見学できた素敵な博物館でしが、2007年の暮れに閉館になったとか。最近日本でも放映されている「主任警部モース」の紹介もされていたそうです。

Aaan1_8

オックスフォードの由来

大学都市:オックスフォードの町の名前の由来を知っていますか? オックスフォードの東西には南北に流れる川があり、この川の浅瀬(フォード)を、この絵にあるように

雄牛(オックス)が渡って入ったことに由来しているとされます。イギリスにはフォードという言葉のつく地名が多いですが、これらはすべて浅瀬とか渡し場のフォードに起源があるようです。

Aaan1_11

カーディフ城

ウェールズの中心都市カーディフにあり、古代ローマ人により築かれた砦から、12世紀には現在のような城に整備されました。現在の所有者はBute侯爵であるが、ガイドツアーに参加すれば、城の居住区を見て回ることができます。

Aaan1_10

Aaan1_9

 

王立チェルシー病院

ロンドン南西部にあり、この病院の敷地の一部に巨大なテントが張られ、そこで毎年王立園芸協会主催チェルシ-・フラワーショーが開かれています。普段は戦争関連の兵士などの年金受給者病院であり、その一部は植物園になっています。花の苗、種子、弥ガイドブックも販売していましたが、売り子さんは兵士の家族のようでした。

Aaan1_12

サセックス州・ライ

イングランド南東部海岸沿いにイースト・サセックス州があり、そこに中世の街並みを残す美しい町ライがあります。私の住んでいたアッシュフォードの南に位置し、よくドライブに出かけましたが、H.G.ウェルズも滞在して小説を書いたりしたようです、古くは海賊の基地でもあったとか。

Aaan1_13

サセックス州・ヘイスティングズ

サセックス州ライのすぐ西側にある、「ヘイスティングズの戦い」のあった街。この戦いに勝ったノルマン公ウイリアムイングランド王になりました。旧市街は落ちついた味わいのある町です。ヘイスティングというと、私はいつもアガサ・クリスティの小説「エルキュール・ポアロ」シリーズに登場する、友人の元大尉を思い出します。

Aaan1_15

Aaan1_14

英国ロイヤルファミリー

左からエリザベス女王ウィリアム王子ヘンリー王子ダイアナ皇太子妃チャールズ皇太子。皇太子はプリンス・オブ・ウエールズで、皇太子妃はプリンセス・オブ・ウエールズと呼ばれます。

Aaan1_16

ウィンザー城

エリザベス女王の居城で、ロンドンの西方にあり、滞在されている時には旗が上がっています。衛兵の交代もあり、中の一部は見学もできます。ロンドンから車で行くと、手前に巨大なヒースロー空港があり、城に入る前の坂道には、ビクトリア女王の像があります。

Aaan1_17

 

ピーターバラ大聖堂

イングランド東北約1254kmにあるにある、主教座聖堂都市ですピーターバラ大聖堂は、サクソン時代にあった修道院が改築され、これを元にして12世紀に建築されたノルマン様式の聖堂です。

Aaan1_18_2

リーズ城

貴婦人の城ともいわれ歴代のクイーンが住み、広大な芝生に囲まれエレガントな城でケント州にあります。広大な植物園菜園果樹園もあり、住んでいたアッシュフォードからも近くてよく訪れました。アッシュフォードに来て間もなく、パバロッテイ野外コンサートがリーズ城の芝生で行われました。コンサートも素敵でしたが、彼がロンドンからヘリで飛来したパフォーマンスも圧巻でした。

 

 

 

 

 

 

少し大きな写真と特性などは、右サイドの コレクション に載せますのでそちらもご覧下さい。

関連の記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。

|

« ・京都歴史探訪:久しぶりに時代祭巡行を御所・間の町口近くから見学しました | トップページ | ・この京野菜・伝統野菜の名前は?(2) »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

一つ一つに思い出がいっぱいの素晴らしいコレクションですね。
なかなかこれだけのものを集めるのは大変だと思いますが、ヨーロッパではこんなにたくさん作られているんですね。
実は先日清里に出かけた時にパッチワーク用品を扱うお店があったので聞いてみたのですが一つもありませんでした。店主の言うにはやはりシンプルには思い入れがあるので、一つ一つ見て仕入れるのでなかなか常時数を揃えて店に出すのは難しいとのこと。しばしシンプルの話で盛り上がりました。その方も日本では気にいった物を手に入れるのは難しいそうです。

投稿: 木漏れ日 | 2012年11月 2日 (金) 21時44分

今晩は 木漏れ日さん sign01

買ったままにしていてじっくり見ていなかったのですが、見ていると行った時の
ことなどを思い出すものですね。happy01

ヨーロッパではよく見かけたのですが、小さいのと地味なのとで、お土産には
もっと見栄えの良いものが買われるのでしょうね。bleah

私は荷物が増えるのが嫌いで、小さなものばっかり買っていたようです。happy02

シリーズにしたものネットでも販売していますが、とても高い値段が
ついていますね。やはり行った時に少しずつ買った方がよさそうですね。smile

投稿: プロフユキ | 2012年11月 3日 (土) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/56011767

この記事へのトラックバック一覧です: ・ヨーロッパその他の各都市で買ったシンブルコレクション(その3):

« ・京都歴史探訪:久しぶりに時代祭巡行を御所・間の町口近くから見学しました | トップページ | ・この京野菜・伝統野菜の名前は?(2) »