« ・お近所さんから頂いたスズムシが孵化(ふか)し、幼虫から成虫になってきました | トップページ | ・ロンドンの骨董市で買ったウエジウッドのジャスパーシリーズ(その3) »

2012年8月10日 (金)

・ロンドンの骨董市で買ったウエジウッドのジャスパーシリーズ

ロンドン西部のポートベロー・ロードに毎週土曜日には骨董市がたち、色んな骨董品が売られていました。そこでは今では手に入れられないウェジウッドのお皿や食器を見かけ、何度か訪れたことがあります。ここで買ったウエジウッドのお皿、先にブログで紹介しましたが、今回は前科と同じジャスパーシリーズカップ&ソーサー、クリーマーとハートボックスを紹介します。同じくブルーが基調になっている、ウエジウッドのカフスボタンについても、先に紹介していますので、色合いを比較してみてください。

Aw1

Aw2

前回の飾り小皿を紹介したときに書きませんでしたが、それらはウエジウッド製品の中でもジャスパーと言われる種類です。

 ウェッジウッドの集大成とも言われるジャスパーは、1774年以来、多くの人々に愛されてきた伝統あるシリーズです。古代ローマカメオを模して、器の藍地に白いレリーフを貼付するという画期的なストーンウエアに仕上げています。

Aw3

淡いブルー、グリーンピンクの地に白い花柄ガーランドギリシャ神話レリーフを浮き上がらせた創業者のジョサイア・ウェッジウッドによる独特のデザインは、磁器に先駆けたマイセンやセーブルなど他のメーカーには真似のできない独自の製法を生み出し、その作品群は人々を魅了しました。

Aw4

使い込むほどに光沢風合いを増す二度楽しめる逸品で、当時は

宝石並みに扱われたようです。

Aw5

この前回紹介しましたブルーの飾り小皿は、今日紹介するカップとセットでしたが、うっかりして別々においていて勘違いしていました。これはダンシングアワーティーカップ&ソーサーです。色はペールブルーで他のジャスパーと同様に、1枚1枚手で仕上げられ、ギリシャ神話モチーフレリーフ風に浮き出た白い絵が、独特の世界を作り出しています。ギリシャ神話女神達が、エレガントに舞っている様子が描かれています。つや消しの質感が特徴的です。これはもう廃盤になっているとかで入手できないそうです。

Aw6

これはペールブルークリーマーです。先のカップ&ソーサーと同じく、ペールブルーを基調に、ハープを持ったギリシャ神話の女神ムーサ達と、オリーブ状の木々が白く浮き出されています。

Aw7

英国では紅茶が良く飲まれまていますが、紅茶を出されて最初に、ブラックですか?ホワイトですか?と聞かれて驚いたことがありました。砂糖を入れるか入れないかではなく、ミルクを入れるか入れないのかと聞いているのでした。

Aw8

ちなみにビールもよく飲まれますが、その際にはやはりコールドですか? ウォーム(暖めた)ですか? ときかれ、このときにも面食らったものです。英国ビールはやや苦味があるので、普通は室温のまま飲むのがウォームで、冷やすと苦味が増すので、どちらがいいのかと親切に聞いてくれていたのでした。

Aw9

Aw10a

これはポートランドブルーのハートボックスです。用途はさまざまでしょうが、おそらくはイヤリングかペンダントなどが収めるために使われるのでしょう。色調ポートランドブルーで、同じくギリシャ神話の二人の女神エンジェルが描かれています。

Aw11

Aw12ajpg

これはペールブルーハートボックスです。ペールブルーの色調の上に、ギリシャ神話の3人の女神が描かれています。

少し大きな写真特性などは、右サイドの マイコレクション 載せますのでそちらもご覧下さい

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。

|

« ・お近所さんから頂いたスズムシが孵化(ふか)し、幼虫から成虫になってきました | トップページ | ・ロンドンの骨董市で買ったウエジウッドのジャスパーシリーズ(その3) »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

ブルーのジャスパーウェア、どれも綺麗ですね!
プロフユキさんのご紹介いただく素敵なコレクションは、
いつも拝見していて楽しいものばかりですheart04
ブラックかホワイトの紅茶・・・懐かしい表現ですね。
私は今も紅茶にミルクだけ入れて飲むのが好きですhappy01

投稿: hanano | 2012年8月11日 (土) 10時53分

今日は hananoさん sign01

今回紹介しましたのは、ポートベロー・ロードでウエジウッドだけを置いている小さな
お店があり、そこで気に入って買ったもので、結構古い物も混じっていたようです。happy01

彩とデザインがすっきりとして素敵で、使えば使うほど愛着が出てきそうな品です。lovely

ブラックかホワイトかは懐かしいでしょう。先日も大阪へコンサートを聴きに行った際、
時間待ちの間ホテルで紅茶とスコーンを頼みましたが、カップはウエジウッドで
おいしくいただけました。shine

投稿: プロフユキ | 2012年8月11日 (土) 17時48分

私の知らない優雅な世界のようなので、詳しいことはわかりませんが、素敵な器であることはわかります。
こんな器を使えれば、心がうるおいそうですねclover

投稿: もみじ | 2012年8月11日 (土) 20時57分

今晩は もみじさん sign01

今日の陶器はアンティークで買った事もありますが、決して高い
ものではありません。happy01

新品では少し高いかもしれませんが、少しずつ集めていけばいい
コレクションになると思いますよ。smile

いいものは、言い方を変えれば気に入ったものには愛着が湧き、
大事に使いますしね。lovely
我が家ではウエジウッドのカップで時々コーヒーを頂いていますが、
イギリス人が来たときには驚いていましたね。eye

九谷焼でお茶を飲んでいる感じだったんでしょうか。smile

投稿: プロフユキ | 2012年8月11日 (土) 22時10分

ウェジウッドの陶器、どれも素敵でウットリです~shineheart04
こんな素敵なカップで飲むコーヒーは
きっと格別に美味しいことでしょうねcafehappy01

投稿: ポエポエ | 2012年8月11日 (土) 23時01分

今晩は ポエポエさん sign01

ウエジウッドのコレクションにおほめを頂き有難う御座います。好きで行った
旅行の記念に買ったものばかりで、どれも愛着があります。happy01

ウエジウッドのカップはやや大ぶりで、重量感もありますが、とても丈夫
なのですよ。熱い紅茶も冷めにくく、かといって美味しく飲めるので不思議です。lovely

投稿: プロフユキ | 2012年8月12日 (日) 00時02分

こんにちは note

今回も素適ですね! ペールブルー、ポートランドブルー
どちらも良い色でどちらが好きとも決めかねるなぁと思いながら拝見しました。
どちらも白いレリーフが良く映えます。艶消しのブルーが効いていますね。
そしてロマンチックheart04
今では廃盤になっているものもあるとのこと、貴重なコレクションですね。
日常使いの器にするには手が震えそうですが、使い込むと味わいも増すのですね。
どんな深みある姿に変身するのか、見てみたい気もします。

投稿: ポージィ | 2012年8月12日 (日) 15時00分

今晩は ポージィさん sign01

ブルーと白の対比がいいですね。それも色合いの異なるペールブルー、
ポートランドブルーのにくい組み合わせです。happy01

どちら日本人の好きな色合いですね。ギリシャ神話模様も素敵ですね。lovely

廃盤になっているダンシングアワーのカップ&ソーサーではまだお茶を頂いて
いないのですが、オリンピックでの女性陣の活躍を記念してお茶を頂いてみます。heart01

投稿: プロフユキ | 2012年8月12日 (日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/55392841

この記事へのトラックバック一覧です: ・ロンドンの骨董市で買ったウエジウッドのジャスパーシリーズ:

« ・お近所さんから頂いたスズムシが孵化(ふか)し、幼虫から成虫になってきました | トップページ | ・ロンドンの骨董市で買ったウエジウッドのジャスパーシリーズ(その3) »