« ・4月8日はイースターで、イースター・エッグ関連のコレクションを出してみました | トップページ | ・4月のある日いけばな発祥の六角堂で、しだれ桜と「春のいけばな展」を見てきました(1)六角堂 »

2012年4月15日 (日)

・あなたは砂漠が作る自然の造形美・砂漠のバラをご存知ですか?

我が家には、専攻生から貰った砂漠のバラがあります。彼は私の研究室に専攻分属した後、1年間休学してイギリスで英語を研修してきました。帰途に、アフリカを経由した際にサハラ砂漠で拾ったか?、あるいはお土産にモロッコででも買ってくれたのか、いずれにせよ彼から貰った砂漠のバラがあります。

Dr1a_038

Dr2a_034

砂漠のバラDesert Rose、あるいはSand Roseとも言います。

砂漠のバラ鉱物からできています。砂漠の砂に含まれる硫酸バリウム(重晶石BaSO2)や石こう(硫酸カルシウムCaSO42H2O)などの物質が溶けた水分が、毛細管現象などによって土壌表面から蒸発します。

Dr3a_035

その時これらの物質が析出し、まわりの砂を取り込みながら結晶化,その結晶が生長してこのような綺麗なバラ模様が出来上がります。

Dr4a_036

肉眼で見分けはやや難しいようですが、「花びら」の縁がシャープなものは石こう丸みのあるものは重晶石でできていることが多いようです。

Dr5a_037

石こう重晶石は一般に白色や無色ですが、砂漠のバラ褐色やオレンジ色などいろんな色をしています。着色の原因になっているのは、結晶の中や表面にある砂粒によります。

Dr62001

砂粒は、これらの結晶が生長をしている間に取り込まれたものだろうと思われます。これらの砂粒の大きさが土地よって異なるため、多様な色になるのだろうと思われます。だから砂漠のバラの色は、その故郷の砂漠の色をしていることになります。

Dr7

白っぽい色をしているのはメキシコ産で、茶褐色をしているのはサハラ砂漠北部(モロッコ、チュニジア)、メキシコ、オーストラリア産などのようです。

Dr8a_030

なぜこれら石こうと重晶石結晶が生長する過程で砂が入るとしても、どうしてこのような美しいバラの花の模様になるのか。不思議に思うところですが、その原因はまだ分かっていません。

Dr9a_031

砂漠のバラができるのは、砂漠の表面にあるよりは、むしろ地中の空洞や洞穴などにできるようですから、風の影響はあまり大きいとは思えないのです。

Dr10a_032

砂漠のバラは水の無いところではできないため、この結晶ができる場所には、現在は砂漠であってもかっては水があった証拠にもなります。

Dr11a_033

その昔にはサハラ砂漠も豊かな大地で、樹木が生え象やカバも住んでいたようです。

Dr12dscf0054

これは鳥取大学に学会で行った際に見学した博物館に所蔵されている、砂漠のバラです。一つはアルジェリアのサハラ砂漠産のものです。

Dr13dscf0053a

もう一つは同じく鳥取大学農学部蔵の所蔵品ですが、  中国内蒙古自治区でできた砂漠のバラでした。

少し大きな写真特性などは、右サイドの マイコレクション 載せますのでそちらもご覧下さい

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。 

|

« ・4月8日はイースターで、イースター・エッグ関連のコレクションを出してみました | トップページ | ・4月のある日いけばな発祥の六角堂で、しだれ桜と「春のいけばな展」を見てきました(1)六角堂 »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

砂漠のバラ、私も持っています。
ずいぶん昔にチュニジアを訪れた際の話ですが、田舎の道で、
自転車に取り付けた箱にたくさんの砂漠のバラを積んだ人に出会いました。
最初彼は、私達にそれを売ろうとしていましたが、私が「いらない」と言って立ち去ると、
あとから追いかけてきて、一つただでプレゼントしてくれました。
今思えばちょっと不思議だけど、ずっと手元においてあります。
砂漠のバラという名前も素敵ですが、その色は、産地によっても違うのですね。
私のは、サハラ砂漠生まれの〝サハラローズ〟ですね。

投稿: hanano | 2012年4月15日 (日) 18時18分

以前に話を聞いたことがあり見たいなと思っていたのですが、珍しい物を見せていただきました。
大きさはどのくらいなのでしょうか。これだけの大きい物になるのにはかなりの時間もかかるんでしょうね。これがあった場所にはかつて水分があったとはビックリです。地球の砂漠化も言われていますので今後これがたくさんできる場所が増えるということでしょうか。これはこれで神秘的で綺麗ですが、やはり写真の本物のバラが咲く緑の地球の方がいいですね。

投稿: 木漏れ日 | 2012年4月15日 (日) 18時18分

今晩は hananoさん sign01

やはりあちこち旅行されているhananoさんはお持ちでしたかhappy01

でも入手のいきさつが面白いですね。需要と供給のバランスが崩れれば、値段は生じないので
くれたのでしょうが、チュニジアの人らしいですね、素朴で。あるいは、hananoさんが値切りの達人なのかshine notes

アフリカだけと思っていましたが、砂漠であればモンゴルでもメキシコにもあるようですね。
砂漠ごとに砂の色が違うのか、それぞれ微妙に色合いが違うようで面白いです。smile note

投稿: プロフユキ | 2012年4月15日 (日) 22時46分

今晩は 木漏れ日さん sign01

かなり大きい物もあるようですが、私の持っている砂漠のバラは長さが10cmくらいですね。happy01

これができるには鍾乳洞のはしらみたいに、何十年から百年くらい掛かるのではないでしょうか。shine notes

これがあることで、かってはサハラ砂漠も緑豊かな森林や草原であったと思われ、面白いです。note

でもやはり、緑豊かな大地に生える、今のバラのほうがいいですね。smile

投稿: プロフユキ | 2012年4月15日 (日) 22時55分

おはようございます。
砂漠のバラ♪ お持ちなのですね!
以前、何かをきっかけに「砂漠のバラ」を初めて知りました。
ネット検索して画像を見て不思議なものがあるものだなぁと…
今日こうしてプロフユキさんにまた見せていただいて
急に身近なものに感じられてきました(笑)
現在の砂漠が、かって緑豊かだった頃に長い時間をかけて
作り出したものなのですね。自然の造形物、美しいですね。

でも…砂漠となってしまった地域がまたもとのような
緑の土地に戻ることはもう不可能なのかしら…

投稿: ポージィ | 2012年4月16日 (月) 08時59分

今日は ポージィさん sign01

本物のバラと並べて比較すると、それは大分違いますが、それだけ見ていると
本当に不思議で美しい、自然にできたものとは思えませんね。happy01

また産地によって微妙に色合いが違い、成分の違いで花弁の形も違うようで
不思議です。note shine

ラッキーアイテムとして売られているようで、何か良いことがあるかなと
期待しています。smile

サハラ砂漠も水さえあれば甦る可能性はあるのですが、現地の人が薪代わりに
木を切るため、いっそう砂漠化が広がっているので、再生の可能性はほとんど
無いですね。weep

投稿: プロフユキ | 2012年4月16日 (月) 14時08分

プロフユキさん こんばんは。
砂漠のバラについて、予習したい気持ちをおさえて、プロフユキさんが記事にしてくださるのを待っていました♪
漠然と、風が作った風紋のような砂に描かれたバラ模様かしら?と予想していましたが、全然違っていて驚きました。
砂漠の大自然が長い時間をかけてつくったバラの形の鉱物の結晶だったのですね。
それにしても、どうしてこのような花びら沢山のバラの形が形成されるのかが謎だなんてほんとうに神秘的です。
ご紹介していただいたもの以外の砂漠のバラも色々見てみたくなって、いよいよpc検索してみました。
そしたら、なんと植物にも「砂漠のバラ」と呼ばれているものがありました。
あまりバラに見えないお花でしたけど・・・
    http://yasashi.info/a_00017.htm
屋島のお庭の赤いバラ、見事に咲いていますね。

投稿: 亜麻 | 2012年4月16日 (月) 22時22分

今日は 亜麻さん sign01

砂漠のバラのことをお話ししながら、記事にするのが大変遅くなり申し訳ありません。happy01

私も当初は、風で吹き飛ばされた砂粒が固まってできたのかなと思っていましたが、
砂粒の混じった結晶なんですね。それがあんなきれいな形になるなんて本当に驚きです。shine notes

じっくりゆっくり結晶が発達する際に、大型の花弁状の構造になるようですね。lovely

花弁の形と色が産地にもより、微妙に違うようですね。note

砂漠のバラという花もあるのですね、はじめて拝見しましたが、鮮やかなきれいな花ですね。
おっしゃるとうり、一寸バラのイメージとは遠いようですが。smile

投稿: プロフユキ | 2012年4月17日 (火) 13時23分

私は、メキシコのバラ・・白っぽい方が、好きですnote
レースみたいで素敵ですねshine
自然が創りだした不思議な作品ですねscissors

投稿: たらちゃん | 2012年4月19日 (木) 00時05分

今日は たらちゃん sign01

メキシコ産の砂漠のバラは、真っ白で綺麗ですね。とても砂漠の砂からできているとは
思えない色と、柔らかな模様ですね。happy01

多分重晶石の結晶が発達してできているのでしょうね。shine notes

よくももこんな綺麗な砂漠のバラが、自然の力でできたものだと不思議です。note

投稿: プロフユキ | 2012年4月19日 (木) 19時51分

こんにちは
素敵なお土産ですね。砂漠の薔薇、産出地の土の色が表れているとは、当然のようにも思えますし、不思議なようにも思えます…

投稿: きいろひわ | 2012年4月22日 (日) 10時52分

今晩は きいろひわさん sign01

雪国でよく見る雪の結晶は、天からの手紙と、中谷宇吉郎は言っていましたが。
砂漠のバラは、砂漠からの手紙なんですね。happy01

かっては緑豊かな大地だったんだよと、訴えているのかもしれません。
でもユキのようになかなか綺麗な模様で、こんな結晶が砂漠でできるなんて不思議です。shine notes

投稿: プロフユキ | 2012年4月22日 (日) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/54478069

この記事へのトラックバック一覧です: ・あなたは砂漠が作る自然の造形美・砂漠のバラをご存知ですか?:

« ・4月8日はイースターで、イースター・エッグ関連のコレクションを出してみました | トップページ | ・4月のある日いけばな発祥の六角堂で、しだれ桜と「春のいけばな展」を見てきました(1)六角堂 »