« ・ポインセチアの赤や白に着色した総包の中に、数個の雄花と1個の雌花が見えます | トップページ | ・久しぶりに懐かしい桜エビや青海苔の入ったかき餅を頂きました »

2012年1月29日 (日)

・ロンドンで買ったウエジウッドのカフスボタン(カフスリンクス)

過去のフランスの服装のようにかっての男性も、華やかなデザインのワイシャツを着、袖や襟にもフリルをつけていました。しかし、現在の男性の服装は女性の服装を引き立てるように、控えめで華やかさに欠けます。

Kb1

そんな数少ない装身具の中で自己主張ができるのは、ネクタイでありカフスリンクス(カフスボタン)のようです。ネクタイのうちループタイについては先に、「・私のクールビズはショートパンツと母親手作りのループタイ」に書きましたので、今回は私の持っているカフスリンクスを紹介します。

Kb2a

日本ではカフスボタンカフスとよばれますが、正式表現カフスリンクスcuff linksであり、ワイシャツ(ドレスシャツ)袖口カフ留めるための装身具です。

Kb3

カフスボタン和製英語であり、カフス衣服両腕袖口意味する英単語カフスcuffs)でありどちらも正確表現ではないようです。ボタンがついていないシングルカフスや、ダブルカフスでは、カフスリンクス使用しなければ留めることができません。

Kb4

ボタンボタンホール加えてボタンにもボタンホール開けてあるコンバーチブルカフス呼ばれるタイプシャツでは、ボタンでもカフスリンクスでも袖口留めることができます。普段には私も、このコンバーチブルカフスシャツ愛用しています。

Kb5

カフスリンクス止める方式には幾つかありますが、

今回紹介したようにバッキング部バネになったT字状スウィヴル式Bullet back closureSwivel)が最も一般的です。

Kb6

多くカフスリンクスロンドン行った際に、リージェント通にあったウエジウッド本店買ったものです。

Kb7

ロンドン郊外アッシュフォード住んでいた20年前には、リージェント通北側オックスフォードサーカス駅のそばに大きな本店がありました。

では日本手軽ウエジウッド陶器買えるようになりましたが、本店では日本では売っていない多くのデザインのものが買え私の大事なマイコレクションになっています。

Kb8

本店以外にもう少し通り下がったバーバリー近くにもがあり、この店には日本人店員もいて、よく掘り出し物を紹介してくれました。(いつの本店がなくなり、このだけになっていましたが、どうもこのも、現在では少し西メイフェア移ったようです。)

Kb9

ロンドンに行った際にはよく本店を訪れ、数々の陶器を買ったもので、そのうちピーターラビットデザインの陶器については先に、「・ピーターラビットの陶器コレクション」に書きました。

Kb10

ウエジウッドの本店でも時折たな卸しをするのか、陶器や装身具のバーゲンセールがありました。今回買ったカフスリンクスはそんな折に買ったもので、デザインはオーソドックスな古いものです。

Kb11

そのうち乙女模様のものはいつも使っているうちに少し欠け、また収納する箱がどれかわからなくなっていますが、残った箱に入れましたが違っているようです。同じデザインのペンダントもありましたが友人にプレゼントしてしまいました。

Kb12

これだけは確かロンドンの西側にあるアンティークの店の集まったポートベロー・ロードで買ったような気がします。地下鉄ノッティング・ヒル・ゲート駅からラドブローク・グローブ駅までの2kmにわたり、おびただしい数のアンティークを扱う露店・お店が集まっており、50年以上の歴史を持つポートベロー・マーケットです。

Kb13

ここにはいろんなアンティークが集まっていますが、特にウエジウッドを扱う店もあり、今では買えなくなった古いデザインの陶器や装身具を買うことができます。ここで買った陶器についてはまた紹介します。  

写真の説明にカフリンクスと書いていますが、カフスリンクスの間違いです。

少し大きな写真特性などは、右サイドの マイコレクション 載せますのでそちらもご覧下さい

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。 

|

« ・ポインセチアの赤や白に着色した総包の中に、数個の雄花と1個の雌花が見えます | トップページ | ・久しぶりに懐かしい桜エビや青海苔の入ったかき餅を頂きました »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy01
ウェッジウッドといったらカップやお皿などの食器で知っていますが、
たまにデパートなどで見るだけの高嶺の花ですcafe
カフスリンクス といった装飾品もあるのですね。
プロフユキさん、素晴らしいコレクションをお持ちなんですね。
ウェッジウッドならではのブルーに白のカメオのデザインが
素適です。 袖口のお洒落、上着の袖口からチラッと覗くのが
見えたらハッとしそうですshine

投稿: ポージィ | 2012年1月29日 (日) 15時16分

こんばんは(^^♪

いつもながら素敵なコレクションですね。
目の保養させていただいて有難うございます。
昨夜テレビでポートベローのアンティークのお店のこと見て
行ってみたいわ~、って思ったところでした。
プロフユキさんのお話で、益々行きたくなりましたairplane

投稿: はなのいろ | 2012年1月29日 (日) 21時20分

こういった細部に拘るのが男のオシャレなのですね。ウェッジウッドは好きなブランドでフロレンティーン ターコイズやワイルドストロベリーのカップは持っていますが、こうした男性の装身具もあるのですね。素敵です。やはり紳士の国だからでしょうか。
陶器のコレクションもまたご紹介くださるということですのでとても楽しみにしています。

投稿: 木漏れ日 | 2012年1月29日 (日) 22時20分

今晩は ポージィさん sign01

ウエジウッドのカップは丈夫でしっかりして、使い勝手も良いですよ。happy01

ピーターラビットのお皿とか、イヤーズプレートなどいろいろあり、ウエジウッドの陶器は落ち着いた色で、見るだけで楽しいですね。shinenotes

カフスリンクスはダブル袖では突き出ているので良く見えますが、シングル袖ではあまり外に出ないので気がつかれないのですが、付けているだけで気持がいいですね。smile

投稿: プロフユキ | 2012年1月29日 (日) 22時46分

今晩は はなのいろさん sign01

ええーsign03 昨日、ポートベローのアンティークショップの紹介がありましたか、見落としていました。happy02

あそこはとても安くて、もうどこにもないようなウエジウッドの、本当にクラシックなデザインの小物がありましたね。shinenotes

今は円高で海外旅行に行くのは、とてもお得ですね、時間が取れるといいですね。lovely

投稿: プロフユキ | 2012年1月29日 (日) 22時54分

今晩は 木漏れ日さん sign01

男ってたいていシャイで、チラッとしたときに見える、そんなお洒落をするようですね。shinenotes

後はかばんとか、筆記具特に万年筆などにこだわる人も多いですね。smile

ウエジウッドのカップはどっしりとして厚手で、結構丈夫ですね。happy01

また他のウエジウッド陶器も紹介しますが、気に入ってもらえるといいのですが。note

投稿: プロフユキ | 2012年1月29日 (日) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/53851502

この記事へのトラックバック一覧です: ・ロンドンで買ったウエジウッドのカフスボタン(カフスリンクス):

« ・ポインセチアの赤や白に着色した総包の中に、数個の雄花と1個の雌花が見えます | トップページ | ・久しぶりに懐かしい桜エビや青海苔の入ったかき餅を頂きました »