« ・これから需要の伸びるチコリの栽培と利用 | トップページ | ・タイ・バンコクで行われた、教え子の結婚披露宴に出席してきました »

2012年1月 3日 (火)

・イタリア・ベネチアのムラノ島で作られたミレフィオリ・グラスペンダント

明けましておめでとう御座います。今年初めての記事で、少し華やかな写真紹介致します。どうぞ本年もよろしくお願い致します。

ベネチアは「アドリア海の女王」と称えられ、世界中人々魅了してきた水の都です。13世紀頃より代々マエストロ(職人)によって受け継がれてきたグラス製品はその技術高さからガラスの宝石とも呼ばれ、かつては貴族の間でもてはやされてきた美術品です。

Bg1

ガラス金や銀を混ぜるのが特徴で、それはまさに宝石のようにあでやかです。オールドミスアメリカ女性キャサリ・ヘップバーン)が一生に一度海外旅行最後ベネチア訪れ中年骨董商ロッサノ・プラッツィ)の濃いワイカラー素敵なゴブレット手に取るシーンがありました。

Bg21_011

Bg31_012

あれがムラーノグラス(ベネチアングラス)で、でもベネチア行け沢山のガラスショップ連ねています。

その中でもベネチア本島より15ところ浮かぶムラーノ島では、今でもたくさんのマエストロ様々なガラス細工製作しています。

Bg41_013

Bg51_014

紹介しましたペーパートレイ・マイコレクション:ぺーパーウェイト)も、ムラーノグラスでした。

Bg61_015

Bg71_016

フレームには925/1000シルバー使用し、更に純金めっきをしており、ハンドメイド高級感があります。

ミレフィオリとは日本語千の花(お花畑)という意味です。いわばガラス細工金太郎あめ(Canna)作っており、どこで切っても同じ模様出てきます! 

Bg81_017

Bg91_018

そして切り口見るとそれはまるでお花そのものの綺麗な模様現れます。そのお花様々な技法凝らして、ペンダントにしたり飾りにしたりしていて、ベネチア代表的な作品となっています!

Bg101_019

Bg111_020

説明書によれば、古代のフェニキア人アレキサンドリア人ローマ人製法に由来するとあります。それが中世ムラノ島のグラス職人により再現され、その非常複雑緻密製作過程により、たぐいまれな美しさが表現されています。

ムラノ島では現在至るまで何世紀も忠実に正確にその製法守ってきており、その上に新しい形状色合いをもった作品作り上げ更に高い価値生んでいます。

ミレフィオリ・グラスペンダントベネチアでももちろん買えますが、ロンドン大英博物館ショップでも買えます。

Bg124001

その製作過程ではまず大小さまざまな大きさと彩りのガラス棒用い出来上がり大きさによって一定の長さ切り型枠にいれてデザインに従い組み合わせます。

Bg134002

ついで再度炉の中焼き入れます。その後ガラス面磨いて滑らかにし、シルバーをつけ、必要応じて金メッキ施します。これで出来上がりです。

大サイズのA,B,Cでは直径36mm、中サイズで19mmあります。

それではムラーノグラス出た、「旅情」からサマータイム音楽You Tubeからお聞きください。

少し大きな写真特性などは、右サイドの マイコレクション 載せますのでそちらもご覧下さい

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。

|

« ・これから需要の伸びるチコリの栽培と利用 | トップページ | ・タイ・バンコクで行われた、教え子の結婚披露宴に出席してきました »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいベネチアンガラスですね。
私もぜひ本物の手仕事を見てみたいので、
今年は海外旅行へ出られるように体力をつけたいと思います。
本年もよろしくお願いします。

投稿: Lisa | 2012年1月 3日 (火) 22時18分

今晩は LIsaさん sign01

はい、今年もよろしくお願いいたします。happy01

日本の金太郎飴版ののグラスペンダントですが、その花模様が素晴らしいでしょう。note

迷わず買ってしまいたくなりますねshineshine

私もインドネシアの教え子からメールがあり、大きなランの花ラフレシアを見に行ってこようかと思っています? 一寸体力トレーニングするには時間がないのですがsign02

投稿: プロフユキ | 2012年1月 3日 (火) 23時46分

おはようございます。
素晴らしいですね。
最初の小さなガラス棒が素晴らしいですね。
それを組んで素敵なペンダントが出来るのですねheart01
目がlovelyになってしまいましたよ。

投稿: 里山のプーさん | 2012年1月 4日 (水) 09時11分

初めて見ました✿模様が万華鏡のようですlovely
今年もコレクションに植物・園芸情報budを楽しみにしております
ラフレシアってランの花なんですね

投稿: ☆yuki | 2012年1月 4日 (水) 11時17分

今日は 里山のプーさん sign01

発想の転換で、金太郎飴状にしたガラス棒から、あんな素敵な花模様shinenotesのペンダントが出来上がるのですね。note

思わず手にとってじっくり見てしまいます。lovely

投稿: プロフユキ | 2012年1月 4日 (水) 12時10分

今日は yukiさん sign01

ミレフィオリ・グラスペンダントは素敵な、花模様でしょう。shineannoyshine

金太郎飴細工であんな綺麗な模様が作り出せるのですね。note

ラフレシアは良く分かっていない花なんです。sign02

なんとなく寄生する食虫植物で、ランの仲間と思い込んでいましたが、ランの仲間ではなかったですね。happy02

またいつ咲くかも分かっていないので、行っても花を見られないかもしれないのですがsign02

投稿: プロフユキ | 2012年1月 4日 (水) 12時31分

あけましておめでとうございますfuji
今年もどうぞよろしくお願いします。

大好きな「旅情」movieそして「サマータイム・イン・ベニス」notes
から新年スタートとは嬉しいです。
ベネチアングラスも魅力的ですね~shine
素敵なコレクションのご紹介を
今年も楽しみにしていますlovely

投稿: はなのいろ | 2012年1月 4日 (水) 18時17分

あけましておめでとう御座います。はなのいろさんsign01 本年もよろしくお願いいたします。 

昨年は色んな哀しい出来事がありましたが、本年は幸せなハプニングを期待したいですね。note

「旅情」のキャサリン・ヘップバーンも、音楽も素敵ですね。shinenoteshine

サウンドトラック音楽も、グラスペンダントも気に入ってもらってよかったです。lovely


投稿: プロフユキ | 2012年1月 5日 (木) 00時01分

プロフユキさん 明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
新春に相応しいとても華やかで美しいガラス細工のペンダントですね。
ミレフィオリってなんのことだろう・・と思いながら、
読み進めていきましたら、ちゃんと解答を用意してくださっていましたネ^^
一つとして同じ形のお花はなくて、まさに千の花、お花畑ですね。
ガラス細工の金太郎飴とはわかり易い説明で、なるほどな~と思いました。
ペンダントだけでなく、宝石箱、コンパクトなど色々あると素敵ですね♪

投稿: 亜麻 | 2012年1月 5日 (木) 20時37分

ベネチアングラス、本当に素敵ですね!
どの模様も素晴らしく、見入ってしまいますshine
ベネチアは大好きな場所のひとつで、過去に4,5回
訪れましたが、ムラーノ島へは、残念ながら
まだ足を運ぶ機会がありませんでした。
ぜひ工房などを訪ねてみたいですheart04
ベネチアを舞台にした「ベニスに死す」や「旅情」は
とても好きな映画で、「エヴァの匂い」なども印象に残っています。
今年もいろいろ素敵なものやお話をご紹介くださいね!

投稿: hanano | 2012年1月 6日 (金) 00時02分

明けましておめでとうござます
今年もよろしくお願いいたします。
プロフユキさんの楽しくて役に立つ記事、楽しみにしています。
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
昔、ベネチアでミレフィオリのペンダント(小さいほう)を購入し、母への土産としました。数年前に実家が空き巣に入られたときにすべて持っていかれてしまったのですが…こちらの記事を見て大変懐かしく思いました。

投稿: きいろひわ | 2012年1月 6日 (金) 00時11分

はい 本年もよろしくお願いいたします。sign01

なかなか亜麻さんの薔薇に匹敵するものは少ないのですが、これなんかはかなりいけるでしょう。shineshine

金太郎飴を万華鏡でのぞいたみたいな感じで、不思議な世界がかもし出されていますね。note

宝石箱は気が付きませんでしたがが、コンパクトならありそうですね。delicious

投稿: プロフユキ | 2012年1月 6日 (金) 00時40分

今晩は Hanano さん sign01

単純な模様ですが、色の組み合わせ、大小の模様が本当に可愛らしく、万華鏡を覗いているような気がしてきます。shineshine
ムラーノ島へは、ホテルが手配して自動的に連れて行ってくれますが、高いものばかり見せられ、最初はペーパートレイとゴブレットを買いました。happy02

本当にベネチアはヘップバーンならずとも、ロマンチックにしてくれる魅力ある街ですね。lovely

はーい! また変わったコレクションを探しておきます。happy01

投稿: プロフユキ | 2012年1月 6日 (金) 00時54分

きいろひわさん、明けましておめでとう御座います。
本年もよろしくお願いいたします。sign03

ブロガーさんで何人かミレフィオリペンダントをお持ちの方がありましたが、しかもお土産にされたものを無くされそれは残念でしたね。happy02

昔からのデザインだから、多分デザインのものもあったかもしれませんね。note

コメント戴くと励みになりますので、またいろいろ頑張って書きますhappy01

投稿: プロフユキ | 2012年1月 6日 (金) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/53645696

この記事へのトラックバック一覧です: ・イタリア・ベネチアのムラノ島で作られたミレフィオリ・グラスペンダント:

« ・これから需要の伸びるチコリの栽培と利用 | トップページ | ・タイ・バンコクで行われた、教え子の結婚披露宴に出席してきました »