« ・モロヘイヤの葉以外には、特に果実には毒があるのでご注意を | トップページ | ・今年も京都府立桂高校で行われた、第60回全京都農林産物品評会での審査に行ってきました »

2011年12月 1日 (木)

・玄関でお客さんを迎える、英国アッシュフォード生まれのクマさんたち

我が家玄関では、英国イングランド・ケント州アッシュフォード生まれの、クマさんお迎えしています。ケント州中心都市メイドストーンフォークストン中間にあり、ユーロスター止まる駅があります。

Ba11_0162

Baashforf


約20年前
アッシュフォード住むことになり、中心街早速出かけ生活用品買いレンタルテレビ借り、ついでにビデオレンタルショップ会員手続きをしました。アッシュフォードについて書きましたが、街周辺には日本人全然おらず、まったく白人の街でした。

Ba21_016


読売新聞衛星版月決め読める聞きゲーリングという文具雑貨お店行き早速契約をしました。英国郵便システム非常便利で、ここで注文さえすれば、自宅まで毎日早朝ロンドンから届けられました。

Ba31_017


そのゲーリングお店グリーティングカード類混じって可愛いクマさんお人形がいろいろあり、毎月新聞代払い行った折買い求めお人形さん紹介します。

Ba41_018


この音楽家クマさん兄弟は、エンジェルで背中に生えています。

Ba51_019


ケント州は羊毛産地で、あちこちになだらかな丘陵があり、たくさんのヒツジ放し飼いになっており、みんなその顔黒いのです。小屋らしきものはなく、雨の時にはどこで寝るのだろうかと心配したものです。

Ba61_021


ビーフイーター
ロンドン塔衛兵隊で、こんな赤い派手な服装で勤務して、現在では観光ガイド主要役割です。の兵隊さんは一見コサック兵のように見えますが、英国の兵隊はこんなクラシック毛皮帽子をかぶっています。

Ba71_022


毛糸編み
をするクマお母さんでは、前回紹介忘れたウサギさん刺しゅうをしています。

Ba81_023


仲良く遊ぶ
クマ兄と姉妹です。

Ba91_024


話しているのか、仲良く談笑しているクマさんたち。

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。

|

« ・モロヘイヤの葉以外には、特に果実には毒があるのでご注意を | トップページ | ・今年も京都府立桂高校で行われた、第60回全京都農林産物品評会での審査に行ってきました »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy01

プロフユキさんは、いろいろな国のコレクションをたくさんお持ちですね。
それだけ多くの国にいかれたりお住まいになったりされたということ
なのですね。
今回のイギリスのアッシュフォード生まれのクマさんたちの
表情の豊かさと可愛らしさもいいですね。見ていると自然と顔が
ほころんできます。
ウサギさんたちが生まれたのは、アッシュフォードの隣町でしょうか。
それぞれの街で生き生きとした動物たちがそれぞれ生まれているのが
楽しいです。自然豊かな土地なのでしょうか。

投稿: ポージィ | 2011年12月 1日 (木) 14時26分

こんばんは
こちらのお人形は、つくりが丁寧に見え、とても愛らしいですね。
黒い顔の羊さんを見て、ふと、「羊のショーン」(Shaun the Sheep)を思い出しました。

投稿: きいろひわ | 2011年12月 1日 (木) 23時47分

今晩はポージィさん sign01

私はワンダーフォーゲルをしていてdenim、学生時代には日本中の山を登ったりfuji、旅行をしました。happy01

仕事の関係で海外に行く機会が増えてからは、世界中を趣味と実益を兼ねて旅行しましてairplane、自然といろんなものがたまりました。eye

アッシュフォードのクマさんも、隣町のカンタベリーのウサギさんも、英国では自然が豊かでそれだけ動物が身近な存在なのですね。smile

寒さも厳しい国だけに、動物との共生をするため自然保護に熱心で、ピーターラビットを書いたポターも自分の家や庭を自然保護運動に提供しています。delicious

都会も京都程度の大きさが限界ですね。note 日本は山の多い国ですけれど、里山の自然も大事に残したいですね。cherryblossom

投稿: プロフユキ | 2011年12月 2日 (金) 00時19分

今晩は、きいろひわさん sign01

英国は大都会は別として、普通の街では自動販売機もないし、大型スーパーもなくて、個人商店が多く、今でも手作りの製品ががわりと残っていますね。happy01

そうでしたね、「羊のショーン」もブラックフェースでしたね。白いからだと、黒い顔のコントラストがなんとも言えず可愛いです。note

イングランドをドライブしていると、牧場でのんびり草を食べる羊によく出会いました。delicious

投稿: プロフユキ | 2011年12月 2日 (金) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/53375309

この記事へのトラックバック一覧です: ・玄関でお客さんを迎える、英国アッシュフォード生まれのクマさんたち:

« ・モロヘイヤの葉以外には、特に果実には毒があるのでご注意を | トップページ | ・今年も京都府立桂高校で行われた、第60回全京都農林産物品評会での審査に行ってきました »