« ・今年も元離宮・二条城での菊花展の審査に行ってきました | トップページ | ・クリスマスを彩るハウスボックスとお人形さんたち »

2011年12月18日 (日)

・クリスマスを飾るプレートと、ミュンヘンから来た壁掛けたち

今年もはや2週間残すばかりになりました。ワイフ玄関クマさんラビットさんをしまい、例年通りそこにキリスト降誕祝福する飾り付けをしています。子供達独立して、クリスマスツリー飾ることはなくなりましたが、ツリー飾ったりした幾つかの小物があります。そこで今日クリスマス関連プレートと、アメリカ・ロサンゼルスドイツ・ミュンヘン買った可愛い壁掛けを紹介します。

Ch1

これはイギリス・ウエジウッドクリスマス模様プレートです。

Ch2

下の部屋ではお客さんお見送りする奥さんメイド客間クリスマス飾り付けをする主人子供達描かれています。

Ch3

上の部屋には夫婦子供達寝室があり、更にその上屋根裏部屋ではネズミ家族がやはりクリスマス飾り付けをしています。屋根はしっかりと覆われています。

Ch4

これはアメリカカリフルニア州・ロサンゼルスにあるディズニーランドで買った壁掛けです。雪の中ポストからクリスマスカードを取り出そうとしている、ミッキーマウス、ミニーマウスドナルドダック描かれています。

Ch5

これから後の壁掛けドイツのミュンヘン買ったものです。これは伝統的衣装カップル玄関立ち、屋根では雄鶏時を告げています。

Ch6

これはまさにキリストの降誕祝う図柄で、ロバ乗ったマリアキリスト抱いています。念のためキリストの産着十字模様入っています。

Ch7

これは時を告げる雄鶏で、世界各国めでたい図柄として、よく使われています。

Ch8

これは忙しく立ち働く皆見ながら手持ち無沙汰そうにのんびりあくびを仕かけたネコちゃんです。

Ch9

これは他の壁掛け高さ5cm)より少し大きく高さ13cmくらいあり、中央には民族衣装身を包んだカップルがいます。男性は銃を、女性は花束持ち共に中央ではビールのジョッキ二人して支えています。間違いなくドイツ・バイエルン州人たちでしょう。

少し大きな写真と特性などは、右サイドの マイコレクション に載せますのでそちらもご覧下さい。

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。

|

« ・今年も元離宮・二条城での菊花展の審査に行ってきました | トップページ | ・クリスマスを彩るハウスボックスとお人形さんたち »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

こんばんはhappy01
とても素敵な夢のあるコレクションの数々で、「わ~lovelyheart04」と、声を出して見入っていましたeyeheart
あたたかい気持ちになりますねconfidentshine
ウェジウッドでは、このようなクリスマスプレートがあるのですね。外国限定なのでしょうか。ディズニーのプレートもクラシックな感じがとても可愛いですねribbon
菊のお花、とても立派なものばかりですねup
先日 柿を食べているとき、先生にお聞きしたいと思ったことがあるのですが…flair以前、病院の薬剤師として働いていたのですが。しゃっくりの止まらない患者さんに、柿のへたを30分ほど煎じたものを作っていたことを思い出しました。袋にどっさりと入った柿のへたを初めてみたときには、衝撃を受けましたbleahへたに、特別な成分があったのでしょうか?今さらですが、とても不思議な気持ちになりましたwink

投稿: コアラ | 2011年12月18日 (日) 21時17分

こんばんは(^^♪

いつもながらに素敵なコレクションですね。
また購入した先々の思い出が詰まっていて
本当に羨ましいですlovely

ウエッジウッドのクリスマスプレートに見入ってしまいましたeye
いい物見せて頂いて有難うございます。

投稿: はなのいろ | 2011年12月18日 (日) 21時23分

こんな素敵なオーナメントが沢山なので、
ツリーも飾ればと思ってしまいます。
ドイツの街中などは、屋台のクリスマスマーケットが賑やかでしょうね。

投稿: Lisa | 2011年12月18日 (日) 22時27分

今晩は コアラちゃん sign01

ウエジウッドのクリスマスプラートとは、なかなかクラシックでいいでしょう。happy01

イギリスに住んでいたとき良くロンドンの本店に行っていたので、そのときに買ったのではないか思いますが、日本でも買えると思いますよ。note

菊の大菊は日本にしかないもので、趣味家によって保存されているようなものです。なかなか見事でしょう。shine

柿には色んな薬用効果があるようですね。しゃっくり止めももそうですが、加齢臭防止にも良く使われているようですよ。happy01

投稿: プロフユキ | 2011年12月18日 (日) 22時56分

今晩は 花のいろさん sign01

マイコレクションを見ていただき有難うございます。eye

ウエジウッドのクリスマスプレートなかなかクラシックな模様でいいでしょう。happy01

ミュンヘンの壁掛けなどはいろいろなデザインのものがあったのですが、民族的な衣装や小物のデザインが面白いですね。eye

花のいろさんもいろいろお持ちですが、ついつい気に入ったものは買ってしまうんですね。happy02

投稿: プロフユキ | 2011年12月18日 (日) 23時00分

ウェッジウッドのプレート、気になります。いかにもヨーロッパのクリスマスという感じですね。何時頃の物なのでしょうか。ヨーロッパの古い窯の物は雰囲気があって素敵だと思って、私も結婚した年以来ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートを我が家の雰囲気には全く合わないなと思いながらも一年に一枚買い続けています。

投稿: 木漏れ日 | 2011年12月18日 (日) 23時27分

今晩は Lisaさん sign01

ドイツは古い時代のものがそのまま残り、特にミュンヘンは山にも近く、日本に近いものを感じます。note

ミュンヘンのビールが日本の導入されたので、味も同じです。happy01

丁度クリスマス前に滞在したのですが、門松みたいなもので玄関を飾ったりしていて興味深かったです。shine

市役所の前などにオープンマーケットが出て、色んな可愛いデコレーションがならべられていましたね。lovely

投稿: プロフユキ | 2011年12月19日 (月) 00時17分

今晩は 木漏れ日さん sign01

ウエジウッドのクリスマスプレートは何年のものかは分かりませんが、eye 裏にはクリスマスの家庭での祝い事が書かれていました。happy01

多分古いデザインを復刻しているのでしょうね。note

ロイヤルコペンハーゲンと言うと、デンマークのオーデンセに住んでいたとき、良くコペンハーゲンまで見に行ったことを思い出しました。

なかなか良い物で、壁に飾ると素敵でしょうね。smile

投稿: プロフユキ | 2011年12月19日 (月) 00時35分

こんにちは。
またまた夢のある素適なコレクションですねnote
最初のウェッジウッドのは、ドールハウスを見るような
楽しさも感じました。こういう家庭的な雰囲気を見ると、
きまって「若草物語」に出てきたクリスマスのシーンを
思い出しますxmas

投稿: ポージィ | 2011年12月19日 (月) 11時21分

今日は ポージィさん sign01

コメント有難うございます。shineshine

そうですね ウエジウッドのプレートの世界は、クリスマスに見る家庭の雰囲気そのものが出ていますね。happy01

確かにドールハウス的要素も入っていますね。eye
懐かしい子供の頃の郷愁を感じる風景です。note

投稿: プロフユキ | 2011年12月19日 (月) 15時23分

どの壁掛けも本当に可愛らしくて、
見ているだけで楽しくなってきます。
プロフユキさんのお宅にある世界各国の
さまざまなコレクション、いつもどれも素敵ですね!
また、その品にまつわる折々の思い出がある
ということも、いっそう魅力的です。
ウエッジウッドのクリスマスプレート、
クリスマスの家庭の細やかな描写に
思わず見入ってしまいましたnote

投稿: hanano | 2011年12月21日 (水) 00時09分

今晩は Hanano さん sign01

ウエジウッドのプレートとミュンヘンの壁掛けを見ていただき有難うございます。happy01

大きいものは買えないので、ちいさくてかさばらず、その国らしいものをと思って買っていました。note

ウエジウッドの本店にはよく行って、格安になった掘り出し物を買いましたが、このプレートはなかなか素敵でした。shineshine

クラシックな家庭の雰囲気と、イギリス人らしいユーモアが感じられ、気に入っています。up

投稿: プロフユキ | 2011年12月22日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/53513352

この記事へのトラックバック一覧です: ・クリスマスを飾るプレートと、ミュンヘンから来た壁掛けたち:

« ・今年も元離宮・二条城での菊花展の審査に行ってきました | トップページ | ・クリスマスを彩るハウスボックスとお人形さんたち »