« ・電子顕微鏡でシュンギクの花芽を見た、超ミクロの世界にご招待 | トップページ | ・いまさら聞けないPCのテクニック(その1)PCが重いときの解決法 »

2011年11月 1日 (火)

・玄関でお客さんを迎える、英国カンタベリー生まれのラビットたち

我が家玄関では、英国イングランド東端カンタベリー生まれの、ラビットお迎えしています。住んでいるカンタベリーでできたものです。

Rb31_002

およそ20年前イングランドアッシュフォード住んで、ロンドン大学のワイかレジ研究生活をしていました。

Rb120a


週末
には40分くらいドライブをしてカンタベリー大聖堂によく出かけました。カンタベリーのすぐドーバーがあり、対岸フランスカレーまでフェリー出ていました。

Rb21_001


Rb41_003


お隣
住んでいたジョンとパッツ夫妻は、よくフェリーワイン買出しカレーまで出かけていました。

Rb51_004


Rb61_005


滞在中
ユーロトンネル掘られ私たち住んでいたアッシュフォードが、その後インターナショナル・アッシュフォード大きくなり、大陸からのオリエントエキスプレス停車するようになりました。

Rb71_006


ただ私たち滞在中は、まだユーロトンネルは開通しなくて、もっぱらフェリー行き来していました。

Rb81_007


そんなにフランスが近くて、休日にはフランス人がたくさんカンタベリー押し寄せていました。

Rb91_008


また、カンタベリー大聖堂英国国教会(聖公会)大本山ですから、全国から信仰のために来る巡礼者観光のための多くの人でいつもにぎわっていました。

Rb101_009



当然
たくさんのお土産店工芸店など並べていましたが、気に入ったのは民芸風ミニチュアの家と、同じくミニチュアラビットたちでした。

Rb11_011

Rb121_012

どちらも素朴手作りで、周辺イングランドらしいをかたどっていました。ラビットたちもいろいろ表情があり、一つとして同じもの無くすべてが手作りの温かみがかんじられました。

Rb111_010


ただ写真背景はどういうわけか、大好きイタリア・フィレンツエ町並みです。

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。

|

« ・電子顕微鏡でシュンギクの花芽を見た、超ミクロの世界にご招待 | トップページ | ・いまさら聞けないPCのテクニック(その1)PCが重いときの解決法 »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

ラビットちゃん可愛い~~~happy01
住んでいる家もすっごく素敵ですね。
ちょっと癒される感じがしますcoldsweats01

投稿: 里山のプーさん | 2011年11月 1日 (火) 05時43分

こんにちは。

こちらも素適なコレクションですね。
可愛いラビットちゃんたちにラビットハウス。
夢があります。
拝見しているといつの間にか物語の世界に
入り込んでいる気がしてきます confidentheart04

投稿: ポージィ | 2011年11月 1日 (火) 11時20分

こんにちは 里山のプーさんsign01

いつもお玄関でくすぶっているラビットちゃんに、スポットライトを当ててみました。eye

お家がイングランドの田舎風でなかなかいいでしょう。delicious

家もラビットも、素朴な手作りで愛着がわいてきます。note

投稿: プロフユキ | 2011年11月 1日 (火) 16時26分

こんにちは ポージィさん sign01

イングランドの田舎風の家と、それを取り巻くラビットちゃんが、素朴な手作りで、いろんな人が売りに来ていましたね。happy01

それぞれで、表情もお家のスタイルも違って面白かったですよ。delicious

背景がイングランドの景色がなく、フィレンツェになってしまいました。wink

投稿: プロフユキ | 2011年11月 1日 (火) 16時30分

こんばんわ。
うさちゃん、heart04可愛いですねぇ。
こんな可愛らしいうさちゃんに出迎えられたら、
玄関に釘付けでお家に入れませんcoldsweats01
このうさちゃんは、『ピーターラビット』とは違うのでしょうか?
私の住む埼玉(東松山市)には、
大東文化大学の『ビアトリクス・ポター資料館』があります。
http://www.daito.ac.jp/potter/
『のばらの村のものがたり』も含め、
うさぎちゃんの物語は大好きなので、
1度行ってみようと思ってますrvcardash

投稿: とも | 2011年11月 1日 (火) 21時25分

今晩は、ともさん sign01

カンタベリーの手作りのラビットちゃんとお家は、なかなか可愛いでしょう。note

お水をやっているのや、花束を抱えたのや、にんじんを大事そうに抱えたり、音楽を演奏したり、時々集まっておシャベリを楽しんでいるようです。happy01

埼玉の『ビアトリクス・ポター資料館』の情報を有難うございます。是非今度東京に行ったついでに覗いてきます。lovely

投稿: プロフユキ | 2011年11月 1日 (火) 21時34分

こんばんは(^^♪

カンタベリー生まれのラビット家族がお出迎えとは
ご訪問したくなってしまいますlovely
プロフユキさんのコレクションには
滞在した国々の思い出がいっぱい詰まっていて
とっても素敵ですねshine
人生の厚みを感じますconfident

投稿: はなのいろ | 2011年11月 1日 (火) 23時20分

今日は はなのいろさん sign01

玄関の下駄箱の上にも、カンタベリー生まれのラビット家族や、テディーベア家族が、ひしめきあっています。wink

いつもは玄関先なので、この時は居間に連れて来て、記念写真を撮りました。delicious

玄関の壁には外国で買ったミニチュアの絵の額が飾ってあり、来た人はまるで美術館ですねと驚いています。sign02

金閣寺に来られた折には是非一度、除いてみて下さい。eye

投稿: プロフユキ | 2011年11月 2日 (水) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/53133037

この記事へのトラックバック一覧です: ・玄関でお客さんを迎える、英国カンタベリー生まれのラビットたち:

« ・電子顕微鏡でシュンギクの花芽を見た、超ミクロの世界にご招待 | トップページ | ・いまさら聞けないPCのテクニック(その1)PCが重いときの解決法 »