« ・いまさら聞けないPCのテクニック(その1)PCが重いときの解決法 | トップページ | ・ソフィア・ローレンとマストロヤンニの好演による、哀愁の「ひまわり」の感動を再び »

2011年11月 7日 (月)

・日本全国の伝統野菜が名古屋に集結しましたが、どれだけ名前がわかりますか?

1027日、28日の両日、名古屋で「地方伝統野菜の現状と将来展望」として、研究会がもたれました。

研究会農水省野菜茶業研究所日本種苗協会主催で、名古屋の「ウインクあいち」で行われました。

De05010_2

全体会議で、「京野菜の技術的発展と地域貢献」を紹介しましたが、日本各地からそれぞれのお国伝統野菜紹介されました。また種苗会社から、将来性があり地域野菜として消費拡大見られる野菜育種実物展示もありました。

講演実物展示・資料提供があったのは次の通りです。

秋田の地方野菜 山形伝統野菜 

宮城の野菜   群馬の野菜

江戸東京野菜  加賀野菜

石川の地野菜  近江の伝統野菜

大和マナ(奈良)兵庫伝統野菜

広島菜     愛媛伝統野菜

カキチシャ(山口)博多伝統野菜

沖縄の伝統野菜

そのうちから懐かしい野菜消費将来伸びそうな野菜等幾つか紹介します。伝統野菜写真特性書きますので、名前次の候補名から選んでください。

候補名  

おかひじき   金時草(きんじそう)

のらぼう菜   四川搾菜(ザーサイ)

四川児菜(アーサイ)    赤ねぎ    

余目(あまるめ)一本ネギ  岩津ねぎ   

万木(ゆるぎ)かぶ    亀戸大根   

日野菜カブ

 

山形伝統野菜

De_2

野菜1):美しい緑色独特シャキシャキした食感。また、栄養価にも優れる江戸時代初期から栽培されていたが、昭和50年代から首都圏への出荷始まった収穫時期3月下旬11月中旬で、お浸しなどにして食べる。

De2_2

野菜2):葉鞘部赤くなり、分げつ少なく耐寒性がある。辛味強く煮る甘み強くなる。収穫時期3月下旬11月中旬で、お浸しなどにして食べる

宮城の野菜

De3_2

野菜3):濃緑色軟白部はやや太めで、伸び抜群耐暑性耐寒性優れる風味柔らかさ好評松本系一本太ネギです。軟白することと、地下水位高いため、定植時寝かせて(やとい方法)植えて湾曲させます。

江戸東京野菜

De4_2

野菜4):江戸中期秩父・多摩地方から川崎にかけて闍婆菜(じゃばな)と言う名前菜種油をとるため栽培されていた。その若菜がこの野菜で、小金井でも古くから栽培されており、現在ではあきる野地区名産品

De5_2

(野菜5):○○あたりで大根作り始まったのは江戸時代後期30cm短い大根で、丸いことから明治まではおかめ大根お多福大根があったが、のち○○大根呼ばれるようになった。(○○には野菜名一部が入る)

加賀野菜

De6_2

野菜名6):鮮やか赤紫色で、ぬるぬるとした独特風味がある。酢の物でさっぱりと食べるのが一般的葉先柔らかいところは天麩羅にすると香ばしく、しかもとろりとした味わい種子はできないので、挿し木増やす

近江の伝統野菜

De7_3

野菜7):柔らか滑らか切れ込みがない。910cm球形全体薄い鮮やか紅色がある。切る白い肉質柔らかすぎず堅すぎず、適度歯ごたえがある。ながらのぬか漬け若い人でも食べやすい甘酢漬けとして利用される。

De8_4

野菜8):太さ100円硬貨ほど、長さ30cm程度のすんなりとした細長い姿で、上部紅紫色部分白色であり、鮮やか色分けされている。濃い紅紫色である。苦味辛味含んだ風味特徴で、漬物専用として利用される。

兵庫伝統野菜

De9_2

野菜9):関東根深ネギ関西葉ネギとの中間種で、葉部濃緑色で、一般葉ネギ品種よりも更に柔軟軟白部柔軟・多汁で、すべて食べられるのが特徴冷え込み厳しくなると、甘み柔らかさ一段増し美味しくなる。

博多伝統野菜

De0_4

野菜10):中国より近年導入された芽芥子菜群大型カラシ菜選抜系統連想させる、可愛い形状季節出荷できるため、福岡において、近年地域ブランド作りにより新たな伝統野菜として、脚光浴びている。

De1_2

野菜11):中国より導入された茎芥子菜群大型カラシ菜全国各地過去導入され、世界的有名ザーサイ漬物として利用されていた。しかし、生鮮野菜食べることにより、新しい食材としての可能性今後期待されている。

解答

野菜1  おかひじき        

野菜2  赤ねぎ

野菜3  余目(あまるめ)一本ネギ           野菜4 のらぼう菜

野菜5 亀戸大根         

野菜6  金時草(きんじそう)

野菜7 万木(ゆるぎ)かぶ

野菜8 日野菜カブ

野菜9 岩津ねぎ         

野菜10 四川児菜(しせんアーサイ)

野菜11 四川搾菜(しせんザーサイ)

関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。

 

|

« ・いまさら聞けないPCのテクニック(その1)PCが重いときの解決法 | トップページ | ・ソフィア・ローレンとマストロヤンニの好演による、哀愁の「ひまわり」の感動を再び »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
伝統野菜って、ほとんど知りませんし食べたこともないです。
名前はヒントを頼りに半分くらい当たりましたが
ちゃんと知っていたのは「赤ねぎ」と「日野菜」だけでした。
赤ねぎは先日、たまたまNHKの「キッチンが走る!」という番組で
見たばかりだったからです(^^;)
「日野菜」は、三重県伊賀市に縁あって、日野菜漬けを
何度も食べたことがあります。
ザーサイは瓶詰めを食べたことはありましたが、
元の姿を見たのはなんと初めてでした!

投稿: ポージィ | 2011年11月 8日 (火) 10時08分

今日は ボージィさん  sign01

名前当てにトライして頂き、有難うございます。伝統野菜はその地方以外では知られていないものが多く、半分分かれば優秀ですよ。happy01

ザーサイは少し塩からいですが、おいしいですね。形はちょっとグロテスクで、始めてみたときには驚きますね。smile

最近それを漬物でなく、新鮮野菜として売り出そうとしていますが、面白いなと思ってみています。eye

全国各地に故郷の野菜があり、もし見かけられたらそれを食べると、機能性成分も普通の野菜より多いようですよ。京野菜ではそれが実証されています。note

投稿: プロフユキ | 2011年11月 8日 (火) 11時18分

伝統野菜というかご当地野菜は味わい深い物がありますよね。新しい物珍しいもの好きな私はこういうのを見ると作ってみたいという気持ちがムクムクと。何年か前、山形のだだちゃ豆というのにひかれ、地元の農家の門外不出という種を(最近は市販されているようですが)転勤で山形に行った友人にお願いして手に入れてもらい作ったことがありました。ところが栽培が難しかった上に美味しくなかった。良く聞くとだだちゃ豆は山形のその土で作ることが大切で他で作るとその味は出せないのだとか。それ以来難しそうなご当地野菜には手を出さなくなりました。ご紹介の野菜はどうなのでしょうか。作る側としてはそんなことが気になりました。ちなみにおかひじきは作っています。これは美味しいです。

投稿: 木漏れ日 | 2011年11月 9日 (水) 00時33分

色々な伝統野菜がありますね。
私が知っているのはせいぜいおかひじきと赤いネギ位ですね。
我が町にも「ぼたごしょう」という唐辛子の1種があります。
最近は色々な地方の伝統野菜が注目されていますね。
手に入ったら食べてみたいですねscissors

投稿: 里山のプーさん | 2011年11月 9日 (水) 09時59分

最近、加賀野菜は雑誌などで取り上げられ、
名前は知っていますが、食したことはありません。
関西圏のものはわかるかなぁ。
他の野菜も、食べたことがあるものは、わずかcoldsweats01
日野菜漬けは子供の頃から食べているし、日野町が父の故郷でもあるので知っていましたが、伝統野菜とは知りませんでした。
伝統という言葉に重みを感じますが、
作られる土自体も、その土地の特色を持ち、
その土地ならではの、野菜が守られて作られているのですね。
自分の国の大切なことを、知らないことが多すぎて恥ずかしいですdown
知る機会をいただき、ありがとうございますhappy01

投稿: 花みずきょん | 2011年11月 9日 (水) 18時18分

今晩は、木漏れ日さん sign01

熱心にダダチャマメを入手し、作って見られたのですね。確かにダダチャマメは山形のある地域でしか良いものはできないといっていますが、土地の土壌条件と施肥のやり方があるようですね。徳島のスダチみたいにそこでしかできないといっていますが、同じ味を出すのは難しいですが、できないわけではないと思っています。豆類は意外と時間をかけ、やせ地で栽培することが多く、それが木漏れ日さんの条件に合わなかったのでしょうね。happy02

伝統野菜は手間隙をかけ栽培するのが多いのですが、根菜や葉菜類は比較的栽培しやすいと思います。果菜類は花のつく条件と果実の肥培条件があり、結構時間もかかるので、どちらかと言うと難しい部類に入りますね。happy01

でも懲りずに、また菜っ葉類などを作ってみてください。note

投稿: プロフユキ | 2011年11月 9日 (水) 22時29分

今晩は、里山のプーさん sign01

もともとの伝統野菜というのは、全部農家が自家採種していたんですね。ですからたいていの農家はほとんどの野菜の種を自分で取って保存していて、一般になくなったと思われていた野菜の種も、意外と農家は持っているものです。happy01

ぼたごしょうと言うトウガラシを私も知りませんでしたが、ぜひともタネを採ってよい系統を残して欲しいですね。note

トウガラシは豊臣秀吉の時代スペイン人が京都の伏見に持ち込み、その一部が朝鮮に攻め込んだときに持参していて、それが現在のキムチに使われるようになったきっかけになっています。それ以前のキムチは塩漬だったんですね。delicious

どんな経緯で京都のトウガラシがプーさんの信濃に伝わったのでしょうねsign02

投稿: プロフユキ | 2011年11月 9日 (水) 22時42分

今晩は 花みずきょんさん sign01

京野菜の紹介をするとき、昔の京野菜は道州制で作られ利用されていたのですよ、と説明しています。happy01

平安時代・江戸時代の京の都の野菜を供給していたのは京都市内だけでなく、琵琶湖周辺の滋賀、京都の南部で今の奈良・大阪からも作られ運ばれていたと思われます。まさに、道州制を先に行っていました。delicious

昔の敦賀は朝鮮からの貿易品が入ってきた重要な港で、その後琵琶湖周辺を経由し、京に入ったようです。そこで日野や万木に色んなカブが残っているようで面白いですね。note

投稿: プロフユキ | 2011年11月 9日 (水) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/53189724

この記事へのトラックバック一覧です: ・日本全国の伝統野菜が名古屋に集結しましたが、どれだけ名前がわかりますか?:

« ・いまさら聞けないPCのテクニック(その1)PCが重いときの解決法 | トップページ | ・ソフィア・ローレンとマストロヤンニの好演による、哀愁の「ひまわり」の感動を再び »