« ・芳香漂うキンモクセイと秋の到来を待ちわびる銀杏、金柑、オリーブ、南天と柿の実達 | トップページ | ・黄檗山萬福寺の塔頭の一つ宝善院で普茶料理を戴きました »

2011年10月14日 (金)

・TVで放映中の赤毛のアンと、その可愛い切手を見ています

先日からNHKBSで、「赤毛のアン」の映画放映しています。読んだことがなかったのですが、ワイフがその2冊持っており、本棚にあったので読んでみました。なかなか面白いストーリーで、ひきつけられて一気読んでしまいました。

ちょうどNHKBSでも、映画の「赤毛のアン」をしていて、より具体的物語舞台分かりました。次回17日(月)にあるようです。

Anne1


物語
舞台19世紀末の、カナダ東海岸にあるプリンスエドワード島です。

Anne2

Anne31_2


にある1冊新潮文庫で、1994107ですが、現在では改版版出ているようです。

Anne42


もう1講談社青い鳥文庫で、199522ですが、これも2008新装版出ており、いかに「赤毛のアン」が読まれているのかが良く分かります。

Anne5


作者
ルーシー・M・モンゴメリーは、ほぼ自分自伝アン置き換え物語書いたようで、ほぼ同じ出来事起こっています。

Anne6


主人公
アン・シャーリー養子となって育った家は、プリンスエドワード島アボンリー村にありました。

Anne7


アン
孤児院育ったのですが、アボンリー村独身老兄妹マシュー・カスバートとマリラ・カスバート養子となって一人やって来ました。しかし、手違いがあって、男の子望まれていたのに、アン来てしまい二人戸惑ったまま、から自宅向かいます。

Anne8


とか置いてもらうことになったアンは、ダイアナ・バリーとすぐ良いお友達になりました。

Anne9


ギルバート・ブライス
クラス一番勉強ができ、ハンサム男の子で、一度しますが、友情結ばれています。

Anne10


ソバカス
だらけの赤毛女の子・アン引き取って育ててくれた、マシュー・カスバートマリラ・カスバート

最後に、「赤毛のアン」の映画版ご覧ください。

14


関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。 

|

« ・芳香漂うキンモクセイと秋の到来を待ちわびる銀杏、金柑、オリーブ、南天と柿の実達 | トップページ | ・黄檗山萬福寺の塔頭の一つ宝善院で普茶料理を戴きました »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

「赤毛のアン」は少女の頃、児童文学書で読んでずーとあこがれでした。それからかなり大人になってから新潮文庫版全10巻を読みました。少女の頃とはまた違った感慨でした。単なる少女小説の域からはかなり遠く大変面白かったです。今日のブログでそんなことを思い出して本棚を改めて眺めてみました。もう一度読んでもいいかななどとチラッと思いましたが・・・。たぶんもう一度となると全10巻はかなりキツイかな。

投稿: 木漏れ日 | 2011年10月14日 (金) 23時28分

今晩は 木漏れ日さん sign01

アンの物語、10冊をすべてお読みでしたか。
あれほど版を重ねても読まれ続けるのは、やはり古典になる要素を備えているからでしょうね。happy01

ワイフがこのお話は大好きと言っていた理由が、私も読んでみて理解できました。note

心の動きが素直に出ているのと、年齢を問わない家族愛、恋愛、友情などがテーマだからでしょうね。up

全部を読むのは大変ですから、映画でご覧になるのもいいのではないですか。delicious

投稿: プロフユキ | 2011年10月15日 (土) 01時25分

こんにちは♪
「赤毛のアン」、小学生の時に読んで大好きになり、
その後のシリーズも続けて読みました。
テレビで放映されていたアニメも記憶に残っています。
今も手元に、小学生の時に買った「赤毛のアン」の本が
ありますが、年月を隔てて手に取ってみても、
惹かれる物語ですね。

投稿: hanano | 2011年10月15日 (土) 15時34分

今日は、Hananoさん sign01

やはり、「赤毛のアン」はお読みでしたか。感動した本はなかなか手放せないですね。delicious

マリラおばさんは若いとき、恋人と仲たがいをしてそのまま独身でいましたが、その彼氏がギルバートのお父さんだったのですねnote

私もなぜか子供のときに読んだ、「家なき少女」が大好きで何度も読んだ思い出があります。up

投稿: プロフユキ | 2011年10月15日 (土) 17時53分

ご無沙汰しております。

赤毛のアン・・・名作ですよねshine
私も途中までですが、時間を忘れて読みました。。。
映画も懐かしく、ビリージョエルの曲もいいですね♪

投稿: snufkin♪ | 2011年10月16日 (日) 18時16分

今晩は、snufkin♪さん sign01

お仕事をお持ちではなかなか大変でしょうね。でも無理をされないよう、細く長くいきましょう。note

赤毛のアンも、色んな逆境を乗り越え明るく意欲的に生長してきていますね。それがみんなの共感を呼ぶのでしょうね。up

アニメも映画も素敵ですね。明日の放送が楽しみです。happy01

投稿: プロフユキ | 2011年10月16日 (日) 21時03分

おはようございます
赤毛のアン、懐かしいです。新潮のほうを持っていました。アンが主人公のものだけではなく、アンの周囲の人々が主人公のものもあって、面白かったのを覚えています。
モンゴメリーといえば、村岡花子氏というくらい訳者が良かったようですね。
そういえば、友人の中に、赤毛のアンの世界が大好きで、プリンス・エドワード・アイランドまで行った者がいました。
また、最近、ウィリアム王子と結婚したキャサリン妃が赤毛のアンが好きで、そのせいで外国公式訪問の最初の国にカナダを選んだとか、話を聞きました。
日本で人気があることで知られる小説ですけれど、外国でも人気があるのだなあ、と思いました。

投稿: きいろひわ | 2011年10月18日 (火) 07時04分

こんにちは、きいろひわさん sign01

昨晩もBSの「赤毛のアンの青春編」を見ましたが、素敵でしたね。happy01

確かに赤毛のアンの訳者というと、村岡花子氏ですね。
赤毛のアンだけでもモンゴメリーは、短編を含めると10編書かれていますね。古典の詩とか、聖書の引用が含まれたりするので、余計幅広い人に読まれているのでしょうね。happy01
キャサリン妃もファンなのですね。

プリンス・エドワード・アイランドまで行かれた人もいるのですか。立派な記念館があるようですね。note 
ニューヨークの北だから、行ってみたいところですね。delicious

投稿: プロフユキ | 2011年10月18日 (火) 13時35分

こんにちは、お邪魔します。

赤毛のアンは子供の頃アニメで見ていましたが、大人になってからまたアニメを見て大ファンになりました。子供の頃はあまり良さが分からなかったのかもしれませんね。
特に私は植物が好きなので、物語に描かれる自然や植物の多さにも惹かれるし、花や植物や場所にアンが名前を付ける所もとても楽しく思えました。

本は松本侑子さんの『赤毛のアン』集英社、,訳注つき新完訳と『アンの青春』集英社、訳注つき新完訳 を持っています。
物語に出てくる小説や人物、植物の名前など詳しく訳してる所が気に入っています。
映画のDVDももちろん持ってますよhappy01

プロフ・ユキさんはいろいろなコレクションをお持ちで素敵ですね!!

投稿: ことぴぃ | 2012年2月 4日 (土) 17時04分

今晩は ことぴぃさん[sign01

赤毛のアンの記事を見ていただき、有難う御座います。happy01

女性の人はたいてい「赤毛のアン」に思い入れがあるようで、ワイフも大好きです。delicious

ことぴぃさんも沢山の「赤毛のアン」をお持ちなのですね。heart01

ワイフに釣られ私も読んでみたところ大変面白く、力強く生きたアンに共鳴しました。note 何か以前読んだ、「家なき少女」にも共通する箇所があり、大変引き込まれて読みました。notes

旅行が好きで、ほとんど世界中を旅行しているうちにいろんなものがたまってしまいました。smile

投稿: プロフユキ | 2012年2月 4日 (土) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/52987776

この記事へのトラックバック一覧です: ・TVで放映中の赤毛のアンと、その可愛い切手を見ています:

« ・芳香漂うキンモクセイと秋の到来を待ちわびる銀杏、金柑、オリーブ、南天と柿の実達 | トップページ | ・黄檗山萬福寺の塔頭の一つ宝善院で普茶料理を戴きました »