« ・京都植物園のバラ園でハイブリッドティーのバラを見てきました(その2/4) | トップページ | ・京都植物園のバラ園でポール仕立てのバラを見てきました(その4/4) »

2011年6月23日 (木)

・京都植物園のバラ園でフロリバンダのバラを見てきました(その3/4)

先日、花の盛りはやや過ぎていましたが、京都府立植物園バラの花を見に行ってきました。前回のHTバラに続き、ここにはフロリバンダのバラを紹介します。

F0jpg

バラ品種名の前後に、アルファベット符号がついていますが、それは次ぎの種類を表しています。

Fl系フロリバンダモダンローズ、四季咲き中輪でたくさんの花が着く

たくさんをつける性質を持ちながら、HTのような剣弁高芯のものもあります。もし切り花にしたいなら花数制限すれば、は大きくなります。またツルバラと同様に接ぎ木しなくても、挿し木で殖やせる品種、例えばスーブニール・ドゥ・アンネフランク(通称アンネのバラ)のような種類もあります。実際にも、貰ったアンネのバラ挿し木で殖やし、丹波でも栽培しています。

F:フロリバンダ  

F13

アイスバーグ

純白半八重が咲き続け、四季咲き性を持つ。大型が咲き続ける様子は、楚々として気品が漂う。

F23

アプリコットネクター

ピンク色がかったアプリコット色で、上品可愛い花Flの割には大形の花で、

数輪房状に咲く。

F32a

ウラル

やや丸味を帯びた中輪の花で、花弁色鮮やかな薄めのローズ色。花数は典型的FLで、多くの花をつける。

F4_2a

オレンジスプラッシュ

朱赤色白の絞りが入り、花弁裏クリーム色の中輪咲きで、ほのかな香りがある。四季咲き性で、花つき分枝性も良く、半直立性

F52a

キャルゼール

濃いばら色で、やや剣弁高芯奇麗な品種

F63a_2

コンチェルティーノ

朱色中輪房状につき、たくさん開花、四季咲き性がある。花もちは良く、花壇向き強健種

F72a

サプライズ

黄色微香をもつ、四季咲き品種半剣弁平咲きし、丈夫で作りやすく、鉢植えでも庭園にも向く。

F82ajpg

スーブニール・ドゥ・アンネフランク

(通称 アンネのバラ)

ベルギー園芸家デルフォージュが、アンネの父オットー・フランクに出会い、Souvenir d’Anne Frank(アンネの思い出 形見)と名付けてオットーに送ったもの。教会関係者などで殖やされ、全世界平和望む人々により栽培されている。つぼみ深紅色、花が開き始めると黄色から淡いピンクへと、次第変化していく、丈夫品種

F92a

デスティニィ

クリーム白色花弁先に更に赤桃色が入る覆輪の花花弁数25で、花径5~6cm程の房状に咲く。

F102a

フェー

ドイツ生まれ丸味を帯びたで、花弁サーモン色多花性

F113

ブルーバュー

淡い藤色丸弁奇麗平咲きになる四季咲き種微香がある。中輪房咲き状多数咲く。

F122a

モナリザ

やわらかなオレンジ黄色芳香があり、 四季咲きの割には花径:10cm大輪をつける。花型も良く、耐病性に優れている。樹高は1.21.5mで、半横張り性

F132

ラビアンローズ

ピンク色の中輪で、八重がたくさん着く。平咲きで、微香があり四季咲き性

半横張り性で、樹高1~1.3m

F14_2a

伊豆の踊り子

鮮黄色芳香のあるを、房状につける。花型半剣弁平咲きからのゼット型がある。生育が進むと、ロゼット咲きになりオールドローズのようになる。春から晩秋まで咲き続ける、生育旺盛品種

写真はチョッとピントが甘かった。

F152

銀嶺

半剣弁高芯咲き大輪。花弁白~クリーム色上品花。香りはくらいで、日向を好み庭園向きの品種

F16_2a

紅(くれない)

花弁色赤色中輪で、四季咲き性

葉色濃緑色で、日向を好む庭園向き品種

F1712ajpg

連弾

花弁は紅色で中心が珍しく白色で、香りは穏やかな品種四季咲き性花つきがよく、人目を引くような鮮やか紅色の花をつける。花壇にも、鉢植えにも適する。

F183a

浪漫

花弁色複紫~淡桃上品色合い品種中輪房状に咲く。四季咲き性で、やや立ち性。

関連の記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・京都植物園のバラ園でハイブリッドティーのバラを見てきました(その2/4) | トップページ | ・京都植物園のバラ園でポール仕立てのバラを見てきました(その4/4) »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^^♪

今回もまた沢山の素晴らしい薔薇を
堪能させて頂きましたlovely

それぞれの薔薇が素敵で・・
どれか一つを選ぶとしたら・・・なんて考えても
無駄のようですcoldsweats01
薔薇の名前はそれぞれに興味がありますconfident

投稿: はなのいろ | 2011年6月23日 (木) 20時34分

今晩は! happy01
バラはツボミの時と、開きかかった時と、満開時それぞれに、趣があり、面白いですね。smile
中には花弁の裏表で色が変わったり、花弁の縁とそれ以外の色が違ったり、育種家が苦労して交配してきたのでしょうね。happy02
私は深紅のバラに一番惹かれますが、やはり白にも紫にも惹かれ、やはりこれっと決めるのは難しいですね。bearing sign02
 

投稿: プロフユキ | 2011年6月24日 (金) 00時35分

こんばんはnote

今度はFLのバラですね!楽しみにしていましたhappy01
FLのバラは好きで庭に何種類か植えてあります。

「アンネのバラ」は前から欲しいと思っていたバラです
挿し木から育てられるとは知りませんでしたcoldsweats02

バラは色々種類があってそれぞれが魅力的で
目移りしてしまいますlovely
深紅のバラは王道といった感じで風格があるように見えますし
純白のバラは清楚で上品ですね

やはりどれも素敵ですshine

素敵なお写真ありがとうございました!

投稿: ほな | 2011年6月24日 (金) 23時17分

今晩は! HTからFlまで、少し時間がかかってしまいました。happy02
アンネの薔薇はわりと丈夫だし、色も奇麗ですね。周りの誰か教会関係者がいれば、持っているのではないでしょうか。接ぎ木苗を無償で分けている教会もありますよ。eye
ローズ色というくらい、深紅の薔薇が魅力的ですが、白や青味がかった藤色も素適ですね。smile lovely
2色の混じった覆輪もあって、本当に品種が多いですね。イギリスでは、年に3回ぐらい咲くのだから、愛好者も多いはずです。空気が乾燥しているから、病気もあまり出ませんしね。日本では管理が大変です。bearing
次回はポール仕立てを紹介できればと思っています。delicious

投稿: プロフユキ | 2011年6月25日 (土) 00時48分

こんにちは
ご無沙汰しております、香大卒業生です
先生、お元気そうで何よりです
また拝見させていただきます

投稿: 検査員 | 2011年7月 1日 (金) 11時47分

ハーイ! happy01
退職4年目に入りましたが、幸い仕事の依頼もあり、毎日好きな事をしています。sign03
ただ、やはり体力的にかっての馬力はなくなりましたので、bearing
体力維持のためにワイフと太極拳に通っています。調子はいいようです。happy02
京都にこられることがあれば、金閣寺のすぐそばですので、お寄り下さい。smile

投稿: プロフユキ | 2011年7月 1日 (金) 15時15分

こんにちは♪
こちらにおじゃましましたheart04
お忙しいみたいですね。
バラがとっても奇麗です!
ずっと気になっていて
我が家にはまだない
アイスバーグがやっぱり好きですnote

投稿: なでしこ | 2011年7月 1日 (金) 19時39分

こんばんはshine
再びお邪魔して、バラのお写真を見せていただいていましたhappy01
ブルーバューというバラの色、みたことなくて。。なんだか吸い込まれそうですねconfident
私は、淡い色のバラが好きですlovely
真っ赤なバラ…惹かれますし、憧れますconfidentheart
今年のホワイトデーですが、主人がガラスの花瓶と赤いバラを一輪プレゼントしてくれましたpresent

投稿: コアラ | 2011年7月 1日 (金) 22時13分

今晩は、なでしこさん! happy01
チョッと仕事が立て込み、あたふたしています。happy02
でも今日明日で出来上がる予定で、体勢を立て直しています。wink
白薔薇では銀嶺もいいですが、アイスバーグはオールドローズみたいで、柔らかい感じが素適ですねeyesign03 
仕事が終わり次第、薔薇第4弾に取り掛かります。smile

投稿: プロフユキ | 2011年7月 2日 (土) 20時16分

今晩は、コアラさん ! happy01
ブルー薔薇は幾つかありますが、ブルーバューはその中でも比較的強い品種です。上品な色合いですね。happy02
若い人はわりと薄い色合いが似合いそうで、年齢と共に濃くてはっきりしたタイプにこだわるようですね。happy02
コアラさんは、ケーキに、薔薇に包まれ幸せ一杯ですね。heart04

投稿: プロフユキ | 2011年7月 2日 (土) 20時24分

こんにちは~

薔薇園へ行くと、沢山の種類がありすぎて、
なかなか自分んの好みの薔薇しかじっくり見れないで終わってしまいます。

こうやって、ブログの写真でアップしたものは、なんだかじっくり見られますね。私の薔薇の原点はHT、FLにあるので、なんだか、懐かしく、じっくり見てしまいました。

高貴な感じが、いいですね。
我が家にも何鉢かありますが、続けて咲いてくれるのがうれしいです。
そして、二番花は小さくてもそれなりのかわいらしさがありますね。

ブルーバユーと浪漫の色が、、、好きです~

投稿: 野花 | 2011年7月 3日 (日) 09時59分

こんにちは、野花さんも薔薇がお好きですか! happy01
栽培もされていたら、管理の手間もありますが、
咲いたときの嬉しさは忘れられませんね。heart04
薔薇を作っていた某大学の先生は、病院への入院の当日の朝も、薔薇の手入れをしていましたよ bearing
ブルーバユーとか浪漫がお好きとは、なかなか繊細な色の花がお好きなのですね! smile
写真でお好きな花の選択をしてみてください。eye

投稿: プロフユキ | 2011年7月 3日 (日) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/52017866

この記事へのトラックバック一覧です: ・京都植物園のバラ園でフロリバンダのバラを見てきました(その3/4):

« ・京都植物園のバラ園でハイブリッドティーのバラを見てきました(その2/4) | トップページ | ・京都植物園のバラ園でポール仕立てのバラを見てきました(その4/4) »