« ・三重県のナバナの里にベゴニアを見に行きました | トップページ | ・ベランダでは今年もラベンダーが咲いてきました »

2011年5月21日 (土)

・三重県のナバナの里でフクシャを見ました

3月に東日本大震災のあった日、地震の起こる直前、なばなの里(三重県桑名市長島町)に行っていました。ガラス温室に入ると、素晴らしいベゴニアフクシャなどのが咲き乱れていました。非常にたくさんの種類がありましたので、今日フクシャを紹介します。

フクシャ部屋ベゴニア部屋同様に、華やかオトギ部屋雰囲気につつまれています。

F1a_3

フクシャベゴニアに比べ艶やかさ華やかさは劣りますが、可愛いスタイル可憐な彩りは最近の女性重ね着のような、面白さが見られます。

アカバナ科フクシャ属に属し、アメリカ大陸西インド諸島、それにわずかニュージーランドとタヒチに分布すると記載されていますが、ハワイオアフ島でもで見かけたことがあります。

F2a_3

F33a_3

同じ仲間マツヨイグサがありますが、マツヨイグサの黄色いを向くのに対して、フクシャ下を向いています.

F4a_3

F5_4

常緑または落葉性低木、あるいは小高木です。わき芽部単生あるいは叢生するか、茎頂総状あるいは円錐花序につきます。多くの場合に垂れ下がりがく釣鐘状あるいは筒状で、がく片4枚で多くの場合反り返ります。

F62a_3

F73a_3

花弁は普通4枚ですが、退化してしまって消失たり、あるいは縦に裂け8枚以上になり、八重化することもあります。おしべ8本でしばしば花弁より突き出しています。子房下位で、花の下についています。

F84a_3

F95a_3

現在までに20006000種類以上の品種育成されています。しかし、品種名が混乱してしまったり、品種数が多いために、その確認困難なようです。

F106a_3

F11a_3

花の形から一重・八重花の大きさから小輪・中輪・太輪に分かれます。またの入るものとそうでないもの、耐寒性のあるものとそうでないものがあるようです。また吊り鉢向きと、そうでなく鉢植えで垂らせるタイプがあります。

F12a_3

F13a_3

は豊富で赤、白、紫色などがあり、がく花弁でまたが違い、その組合せ多種多様です。特にがくの色はがくの筒状部がく先端部分で異なったり、その先端部が多くの場合反り返りますが、その反り返り程度にもかなりのがあります。

関連の記事が 日本の街角園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・三重県のナバナの里にベゴニアを見に行きました | トップページ | ・ベランダでは今年もラベンダーが咲いてきました »

・日本の街角 Hilights of Japan」カテゴリの記事

コメント

うわ~、こんなに沢山の種類があるのですね~。
フクシャのハンギング、目を奪われますeye
よく目にするフクシャからは、
色彩の割には、おとなしい可愛い印象を受けますが
八重咲きのフクシャは華やかですね~shine
詳しく解説して下さるのでとても勉強になりますpencil
お写真も素敵ですcamera
楽しませて頂き有難うございますhappy01

投稿: はなのいろ | 2011年5月21日 (土) 11時36分

こんにちは! happy02 訪問有難うございます。shine
普通に見るフクシャとは、かなり色と形の違うフクシャがあるんですね。lovely
ドキッとするような鮮やかな色の組合せから、smile   上品な彩まで多様ですね。smile
ハワイの山で見かけたのは、可愛いハナでしたね。eye

投稿: プロフユキ | 2011年5月21日 (土) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/51725253

この記事へのトラックバック一覧です: ・三重県のナバナの里でフクシャを見ました:

« ・三重県のナバナの里にベゴニアを見に行きました | トップページ | ・ベランダでは今年もラベンダーが咲いてきました »