« ・カロリーが気になる方にお勧めの本 | トップページ | ・金閣寺から仁和寺界隈へかけての「きぬかけの路」他のサクラ »

2011年4月17日 (日)

・今年も京都市主催の「花と緑の市民フェア」に参加しました

今年も416日と17日の二日にわたり、京都市・京都市花き振興協会主催により岡崎の京都市勧業館みやこめっせ」で行われた「花と緑の市民フェア」に園芸福祉のブースを出しました。

R1

フェアは今年で第42回になり、各種団体の展示・即売デモンストレーション押し花、フラワーアレンジメント、草花寄せ植えなど)、更にステージではコンサートが行われてにぎわいました。

私の所属する「NPO法人京の園芸福祉協会」では、プラスチックコップ利用の花の鉢上げ、ハンギングコップの作成と花の鉢上げなどをしてもらいました。自分でポットを作ってもらい、活性炭サンプルの提供とその利用方法の説明などをしました。


どこの家庭にでもあるプラスチックコップを利用して横に穴を開けて水はけを図り、中にはクレイボール(粒状粘土)を半分ほど入れます。その上に市販の草花をポリポットから抜いて載せてやれば、そのまま簡単な鉢上げができます。

R2

R3


写真で示しましたハンギングボットも簡単に作成できます。これも市販のペットボトルを真ん中で、カッター剪定ばさみなどで二つに切り分けます。上下とも切り口はそのままでは危ないので、カラーテープで覆ってやります。

R42


上半分
は上下を逆にして、2箇所に錐で穴を開け、ぶら下げ用の紐を通してやります。下には穴を二つくらい開けても良いし、あるいはキャップを少し緩めてやれば、それでも排水はできます。中にはクレイボールを入れ、その上に市販の草花の苗を入れてやれば、それで出来上がりです。

R5


下半分
の方でも横の下側に4箇所くらい錐で穴をあけてやり、2箇所に錐で穴を開け、紐で吊れるようにしてやります。中には上半分と同様にして、クレイボール草花苗を入れてやれば出来上がりです。ペットボトルはどんな大きさでも使えますが、あまり大きいと吊るすのは難しくなるでしょう。

R6


フェアの中央部では、新しい花の品種が紹介されていましたが、写真で紹介しているように、珍しいバラの花が展示されえていました。中央部が更に幾つかに分かれ、全体として花弁のぎっしり詰まった花になっていました。花色は濃赤色でしたが、ピンク色の花もありました。

R7


関連の記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。

ポチッとよろしく!

|

« ・カロリーが気になる方にお勧めの本 | トップページ | ・金閣寺から仁和寺界隈へかけての「きぬかけの路」他のサクラ »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/51407743

この記事へのトラックバック一覧です: ・今年も京都市主催の「花と緑の市民フェア」に参加しました:

« ・カロリーが気になる方にお勧めの本 | トップページ | ・金閣寺から仁和寺界隈へかけての「きぬかけの路」他のサクラ »