« ・今年も京都市主催の「花と緑の市民フェア」に参加しました | トップページ | ・ケニア・ナイロビで見たOut of Africa(愛と哀しみの果て)の感動を再び »

2011年4月17日 (日)

・金閣寺から仁和寺界隈へかけての「きぬかけの路」他のサクラ

京都ではあちこちでサクラの満開状態を迎えています。御所も、哲学の道でも、近くの平野神社でも、たくさんの花見客であふれています。そこで今日はあまり近くの人くらいしか訪れることのいない、きぬかけの路から更に、双ケ丘の横を下がった天神川沿いサクラを見に出かけました。

K1a

きぬかけの路金閣寺を下がって道が西に曲がるあたりに、立命館大学堂本印象美術館のあるあたりから始まる、散歩コースです。路の両側にサクラが咲き、やがて龍安寺があり、更にサクラ並木が続いて仁和寺に出ます。

K2a


サクラは「花葉見ず、葉花見ず」といわれるように、枝からつぼみが現われてやがてつぼみが膨らみ開花しますが、まだは現われていません。が盛りを過ぎ花ビラが散り始めるとが現われ、人々はそれを葉桜と呼んで又それを楽しんできました。

K3a


K4a

仁和寺のサクラは御室サクラと呼ばれ、樹があまり高くならないのが特徴です。わたしゃ おたふく御室の桜 鼻が低くても 人が好く」とおたふく顔が低いのと、背丈が低いのをかけて謡われ、京の人には愛されてきた、やや遅咲きサクラです。

K51a


K63a

またの高さサクラが来ることから、仁和寺や 足もとよりぞ 花の雲」と唄われています。土質の性で生育抑制され、樹がよりに広がることが最近明らかになりました。

K7a


K8a


はまもなく大覚寺へと向かう交差点にきますが、ここで路を南にとり双ケ丘丘陵を下がっていきます。やがて天神川沿いになります。堤防左岸にはサクラが、右岸には以前紹介しましたエンジュの並木が続いています。

K9a


K102a


天神川沿い
に見事な桜並木が続き、今を盛りと咲いており、地元の人々がのんびり家族連れ花見を楽しんでいます。

K114a



関連の記事が 京の街角 にもありますので、ご覧ください。

K12a

ポチッとよろしく!

|

« ・今年も京都市主催の「花と緑の市民フェア」に参加しました | トップページ | ・ケニア・ナイロビで見たOut of Africa(愛と哀しみの果て)の感動を再び »

・京の街角 The Hilight of Kyoto」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/51419096

この記事へのトラックバック一覧です: ・金閣寺から仁和寺界隈へかけての「きぬかけの路」他のサクラ:

« ・今年も京都市主催の「花と緑の市民フェア」に参加しました | トップページ | ・ケニア・ナイロビで見たOut of Africa(愛と哀しみの果て)の感動を再び »