« ・新鮮な魚介類の食べられる鳴門のびんび屋で昼食をとる | トップページ | ・名画座・祇園會館で藤沢周平の必死剣鳥刺しを見ました »

2011年2月24日 (木)

・ピーターラビットの陶器コレクション

ピータラビットの作者、ビアトリクス・ポタービクトリア女王の時代に、英国に生まれました。生来恥ずかしがり屋内気な彼女でしたが、自然をよく観察し、スケッチをよくしていたようです。

P1a

1893に彼女は長年病気療養中であった少年に、「ピーターラビットのお話」という、絵手紙を書きました。1901年に彼女はこのお話を自費出版しましたが、あっという間に売り切れて増刷をしたそうです。その後この絵本は出版社から印刷され、現在に至るまで世界中で広く読まれています。

100年以上も前に書かれた絵本ですが、可愛らしいピーターのお話とその絵には大人子供も魅了され、世界各地愛読されてきました。また英国の代表的な陶器ブランドウエジウッドのデザインにも採用され、いっそうファンが広がっています。

彼女は晩年湖水地方ウインダミアに移り住み、その自然を愛し、自然環境自然美保護に努めました。私と家内も英国に滞在中、車でウインダミアまで出かけ、彼女が環境保護団体ナショナルトラスト寄贈した彼女の広大な土地を訪れました。そこにはピーターラビット世界がそのままに残っており、今にもピーターが出てくるのではないかと思ったほどです.

近所の雑貨屋で買ったティッシュには、可愛いピーターラビットの絵が描かれて愛用していたのですが、今では残念なことに全部なくなってしまいました。

P21a


お前達!野原か小道へ行ってもいいけど、マクレガーさんの菜園には行ってはだめですよ!とある朝母さんウサギは言いました。だって、お前達のお父さんはそこで捕まって、マクレガーさんの奥さんにパイにされてしまったんだから。

P32a


ピーターはその日の夕方気分がよくありませんでした。そこでお母さんはピーターをベッドに寝かせて、カモミールティーを作ってくれ言いました。寝るときには大さじ一杯飲むんですよ!

P43a


この絵は絵本の図から取っています。

P5a


お母さんに行かないようにいわれていたのに、ピーターマクレガーさんの菜園に入り、まずレタスを幾つか食べ、また幾つかの莢インゲンを食べ、それから二十日ダイコンまで食べてしまい、この後マクレガーさんに見つかり、必死で逃げる羽目になります。

P64a


ある時ある所に、4匹のちっちゃな子ウサギがいました。彼らの名前は、フロプシー、モプシー、コットンテールピーターでした。

P75a


では走っていきなさい。それからいたずらをしたら駄目ですよ。私はお出かけですからね。お皿1と同じデザインです、

P86a


これはベンジャミンバニーのお話に出てくる絵からデザインを取っています。

ベンジャミン叔母さんプレゼントとして、ハンカチ一杯にタマネギを取ろうといいます。でもピーターは楽しんでいるようには見えず、周囲の音に耳を傾けていました。

P97a


カップ2と同じデザインです。

ピーターラビットとそのほかのお話について、ピーターラビットの世界に詳しい情報が入っています。

関連の記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。

ポチッとよろしく!

|

« ・新鮮な魚介類の食べられる鳴門のびんび屋で昼食をとる | トップページ | ・名画座・祇園會館で藤沢周平の必死剣鳥刺しを見ました »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/50954600

この記事へのトラックバック一覧です: ・ピーターラビットの陶器コレクション:

« ・新鮮な魚介類の食べられる鳴門のびんび屋で昼食をとる | トップページ | ・名画座・祇園會館で藤沢周平の必死剣鳥刺しを見ました »