« ・京都の十三や、二十三やとは何か分かりますか? | トップページ | ・園芸に活躍している桂高校での全京都農林産物品評会 »

2010年11月 3日 (水)

・魅惑の歌姫サラ・ブライトマンの大阪コンサートに行きました

先日インターネットの頁を見ていて、サラ・ブライトマンのコンサートが大阪であるのを知った。以前テレビで、オーストリア・ウイーンのシュテファン大聖堂でのライブコンサートで見た彼女のすばらしい歌声を思い出し、早速予約を申し込んだ。ワイフは既に、麗しのメモリー~サラ・ブライトマン・ベストCDをもっていた。

      サラ・ブライトマン・アルバム

Sara1_3

1020日の6時会場・7時開演で、当日は早めに京都を出て、久しぶりに大阪城を眺めながら、大阪城ホールで開演を待った。

S2_3

 大阪城ホール

入場者数は1万人が予想され、JR大阪城公園駅から大阪城ホールまで、開演1時間半以上前というのに、既に入場者で混雑していた。全席指定であったが、私達のチケットはGブロックで2階席であったが、1階のアリーナ席もあった。結果的には2階席の方が舞台がよく見渡せた。

S_3

    

座席

今回のサラ・ブライトマン公演は1年半ぶりの来日で、今回は東京1012日、17日、18日、21日、22日)・名古屋1014日)・金沢1015日)・大阪1020日)の4都市、計8公演であった。東京では追加公演ができた

S3_3

  

チケット

大阪公演の前日は大阪でリハーサル、翌日は東京へのとんぼ返り公演のハードスケジュールであった。その後には韓国公演等アジア公演も控えているとのことであった。帰路は混雑が予想され、早めに彼女の最近CDアルバム:アマルフィー

~サラ・ブライトマン・ラブソングスを購入した。

Sara2_3

    

サラ・ブライトマン・ニューアルバム

定刻にダイナミックな光の競演が始まり、興奮した雰囲気の中に彼女が現われ、公演が開始した。サラ・ブライトマンは「世界でいちばん美しい歌声」で観客を引き付けただけでなく、幅広い音域(3オクターブ以上)とあるときはソフトで可憐に、またあるときは力強くダイナミックなソプラノですべての観客を魅了した。また何度も衣装を変え、豪華でありまた洗練されたドレスで観客を楽しませてくれた。

    サラ・ブライトマン3

連続してあれほど力強く歌いこなすのには、よほどの練習とそれを支える強靭な精神力と体力を持っているのだろうと感嘆した。曲目は定番のアヴェ・マリア慕情オペラ座の怪人タイム・トウ・セイ・グッバイホルストのジュピターなどどれも素晴しかった。

Sara_4

      

サラ・ブライトマン4

今日また、奈良 東大寺での「東大寺音舞台 ~永久保存版!世界の歌姫と華麗なる世界遺産 の放送があり、再びコンサートでの感動を思い起こされた。

関連記事が プロフ・ユキの紹介する日本街角 にもありますので、そちらもご覧下さい。

Sara3_3

|

« ・京都の十三や、二十三やとは何か分かりますか? | トップページ | ・園芸に活躍している桂高校での全京都農林産物品評会 »

・日本の街角 Hilights of Japan」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/49929306

この記事へのトラックバック一覧です: ・魅惑の歌姫サラ・ブライトマンの大阪コンサートに行きました:

« ・京都の十三や、二十三やとは何か分かりますか? | トップページ | ・園芸に活躍している桂高校での全京都農林産物品評会 »