« ・オランダの園芸情報 | トップページ | ・これから需要の伸びるフローレンス・フェンネルの栽培とその利用 »

2010年10月 9日 (土)

・高山右近と細川ガラシャの足跡

カトリック玉造教会はJR森ノ宮駅、あるいは地下鉄長堀鶴見緑地線玉造駅から徒歩15分のところにあり、大阪城のすぐ南に位置します。その教会堂大阪カテドラル聖マリア大聖堂といい、ここに司教が居られます。

前庭には細川ガラシャの碑があり、その下には細川家の家紋である細川九曜紋が刻まれています。

B1_020806

  細川ガラシャの碑

創立は1894で創立時に建てられた聖アグネス聖堂1945大阪大空襲により滅失しました。その後フランシスコ・ザビエル来日400年記念の昭和24年に聖フランシスコ・ザビエル聖堂に引き継がれ、1963年3月に、現司教座教会である聖マリア大聖堂へと生まれ変わったと案内板に記されています。またこの教会は、パイプ数2400の巨大なパイプオルガンを持つことで有名です。

教会を出てすぐ北に石造りの井戸があり、越中井の説明が出ています。ここは戦国武将の細川越中守であった忠興の屋敷跡で、越中井はその屋敷の井戸跡で、奥方の細川ガラシャ(1563-1600)も生前にはきっと使ったことでしょう。井戸跡には徳富蘇峰の筆によるガラシャ辞世の句が刻まれています。「散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ 人も人なれ

教会の前庭には大阪ゆかりのキリシタン大名、高山右近像とその説明文があります。説明にあるとおり、家康の時代にキリスト教への信仰を貫いてマニラに追放され、その地に眠っています(15521615)。またその横にはカトリック信者・俳人の阿波野青畝による右近をたたえる句碑もあります。「天の虹 仰ぎて右近 ここにあり

B2_020806

  右近像

B3_020806

   右近碑文

B4

   波野青畝による句碑

庭にはポルトガル・ファチマ村での聖母マリアの出現を描く、「ファチマの聖母と羊飼いの像」とその説明があります。

B5_020806

  

ファチマの聖母マリア像

B6_020806

   ファチマの聖母と羊飼いの説明文

大聖堂前のその中央には神々しいマリア像があり、その両端にはカトリック信徒・彫刻家・阿部政義による、高山右近細川ガラシア夫人の石像があります。

B7_020806

   

マリア像

B8020806

   ガラシャ像

B9020806

   右近像

大聖堂の正面には日本画家の堂本印象による、「最後の日のガラシャア夫人」、「栄光の聖母マリア」と「高山右近」の絵があります。

最後の日のガラシア夫人」では、石田光成の手の者による炎に包まれた部屋で、着物姿のガラシャが十字架に祈る姿が描かれています。家臣に槍を構えさせた死を目前にして、現世での種々の苦しみから逃れられるためか、その穏やかな表情に胸が打たれます。

B10_020806

  

最後の日のガラシア夫人

栄光の聖母マリア」にはマリアにひざまずくガラシャと右近が左右に描かれています。なぜか、この絵を見るとイスラエルの聖母教会で見た、着物姿のマリアの絵を思い出します。

B11_020806

   

栄光の聖母マリア

高山右近」では右手に十字剣を持ち、恵まれた地位を捨て信徒を引き連れ新天地での信仰に向かう、張り詰めた右近が描かれています。

B12_020806

    高山右近

関連の記事が プロフ・ユキの紹介する日本の街角 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・オランダの園芸情報 | トップページ | ・これから需要の伸びるフローレンス・フェンネルの栽培とその利用 »

・日本の街角 Hilights of Japan」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/49695636

この記事へのトラックバック一覧です: ・高山右近と細川ガラシャの足跡:

« ・オランダの園芸情報 | トップページ | ・これから需要の伸びるフローレンス・フェンネルの栽培とその利用 »