« ・素材の異なるペーパーナイフの機能・形態 | トップページ | ・日本三大農業教育発祥の地・京都府農牧学校の跡 »

2010年9月15日 (水)

・今年の夏はアサガオの花つきが悪いのでは?

例年、ベランダで採種したアサガオのタネを播いているが、いつも播き時が遅れてしまう。播き時が遅れると、開花も遅れ、採種する頃には寒くなって十分タネが取れないことが多かった。

A1a_2

                  赤色のアサガオ

今年は67日にツタンカーメンのエンドウを収穫し、今年こそはと例年より早い619日に播種した。1週間から10程度で発芽もそろい、順調に生育してきた。比較のために園芸店で買ってきた赤、白、紫色の苗も植えてみた。今年は早く大きな花を咲かせようと、せっせと液肥もやり管理してきた。

A2ia_2

                  赤紫色のアサガオ

しかし今年はご承知のように例年にない猛暑で、うだるような暑さで、昼頃からエアコンを使うことも多かった。7月、8月とツルはよく伸び、葉も茂ってきたが、花が咲くような気配はない。これはおかしいとツルを見てみると、つぼみのできる位置につぼみが発達しないまま枯れているのやら、ツルの先端が枯れているのが多く見られた。葉もよく見ると、黄色くなり枯れかけていのがあちこち見られた。こんな症状は今まで見たことが無かったので、何人かの人に聞いてみると、今年はアサガオの花つきが悪いと、言う人が多かった。

A3a_2

                  

つぼみのつかない今年のアサガオ

購入した株は既につぼみがあったが、ツルが伸びないうちに開花してしまうので、初めにつぼみを取ってやり、つるを伸ばさせていた。そのうち2株はつるだけが伸びてきたが、つぼみがつかなくなった残りの1株はつるもほとんど伸びていないで、つぼみも小さかった。そこで、大きなつぼみだけを取っておいたところ、その後たくさんつぼみをつけが、つるがあまり伸びずなかなか開花に至らず落花が多かった。やっと最近になって開花するようになってきた。

A4a_2

                  できかけたつぼみも…

今年は雨が降らず猛暑であった。潅水は遅れることがあるものの、十分に水はやってきた。考えられる原因は気温が高かったこと、特に夜温が高かったせいではないかと思った。悪いことにベランダにエアコンの室外機があり、そこから熱風が吹き出していた。最初はそれが直接アサガオに届いていることは無かったので、その影響はないと思っていた。しかし夜温が高いうえに、それが更にベランダ周辺の温度を高めていたのには間違いが無かった。

A5a_2

                  枯れてしまったつぼみ

夜温が高いと呼吸が盛んになるため、貯蔵養分を浪費するため、生長もその影響を受けて抑えられる。そのためつぼみやツルの生長が止まり、葉も黄化して、落葉しかけてきたものと思われる。

つぼみができていた購入苗からつぼみをとり続けると、花芽をつけようとする生殖生長が抑えられ、栄養生長が強くなりつるが伸びだします。あまりつぼみを取らなかった1株では、つぼみをつけようとする生殖生長はそのまま残っていたが、高夜温で生長そのものが押さえられたものと思われた。いずれにしろ9月半ばになり、気温も夜温も下がってきたので、再びつぼみが見え出してきた。今はこのつぼみが早く生長して開花し、寒さが来るまでに種子が収穫できることを期待している。アサガオと同じようにつぼみのつきの悪かった、フウセンカズラチロリアンランプのつぼみもやっと大きくなってきた。

A6a_2

                  

紫色のアサガオ

|

« ・素材の異なるペーパーナイフの機能・形態 | トップページ | ・日本三大農業教育発祥の地・京都府農牧学校の跡 »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/49455103

この記事へのトラックバック一覧です: ・今年の夏はアサガオの花つきが悪いのでは?:

« ・素材の異なるペーパーナイフの機能・形態 | トップページ | ・日本三大農業教育発祥の地・京都府農牧学校の跡 »