2017年12月15日 (金)

・府立植物園の菊花展で今年も嵯峨ギクと小ギクのドーム作りを見てきました

京都府立植物園では毎年1020日(金)から1115日(水)まで、菊花展が大芝生地と展示場で開催され、 大菊・小菊等約1000本が展示され、販売も一部あります。今年は終了間際の115日に見に行きました。キクの原産地は中国ですが、奈良時代から平安時代に渡来し、人々に愛され和歌に歌われてきました。江戸時代には園芸ブームが起こり、品種改良が進み多くの品種が生まれてきており、現在約350種が日本に自生しています。江戸時代末期に日本にきた英国人により日本のキクが西洋に紹介され、その品種の豊富さに驚きキク栽培のブームが英国他で起こったようです。しかし西洋に伝わったのは日本の和ギクのごく一部で、厚物と呼ばれる大菊などはあまり知られておらず、二条城での菊花展などでは多くの西洋人を魅了 しています。   

キクには大きく分けて2種類あり、和ギクと洋ギクに分けられます。和ギクは更に花の大きさで大ギク(花の直径が18㎝以上)、中ギク(花径が918㎝)と小ギク(花径が~9㎝)に分けられます。大ギクは更に花形で厚物(厚物、厚走り、大掴み)、管物、広物・一文字に分けられ、矮性に育てる福助作りなどがあります。小ギクは更に仕立方で、懸崖作り、ドーム菊、仕立て物、盆栽、鉢植・地植え、キク人形などがあります。また②花の来歴・育成で、古典キクとして嵯峨キク、伊勢キク、肥後キク、江戸キク、美濃キク、奥州キクなどがあります。③咲く時期では夏キク、秋キク、寒キクがあります。④花型ではシングル(一重)とダブル(八重)に、また弁型(小花)でさじ弁、平弁、管弁などがあります。

洋ギクとしては和ギクの中ギクの作りやすいものが欧米に定着して改良され、主に切り花、スプレーギクとして、また鉢物ではポットマムとして日本に逆輸入されています。 

このように多くの種類があるキクの内、嵯峨ギクドームギク 大輪和ギクのキク花小ギクの仕立物古典ギクシュンギクの花序と花弁の形(小花) などについて紹介していますので、詳しくはそれらをご覧ください。

Dscn4399

嵯峨ギクと小ギク

 左上が嵯峨ギクで、他の3枚は小ギクのドーム作りです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

・オランダ土産に買った、運河添いの家型に作ったマグネット

オランダのアムステルダムは何層もの運河に囲まれた美しい街です。その運河に沿ってはかっての大航海時代の豪商の邸宅が建ち並び、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの隠れ家なども並んでいます。東京駅の丸の内側駅舎はアムステルダム駅を模して作られたのではないかと言われるくらい、どちらも赤レンガ造りで横に長く、またそれぞれ皇族専用の部屋を備えていることなど、よく似た点が多くてなんとなく懐かしい雰囲気がします。またこの港から江戸時代にははるばる日本の長崎まで、貿易船が出港したわけです。港にはその船乗りたちを奥さんたちが涙を流して見送り、別れを惜しんだ「涙の塔」が今に残っています。

オランダに行った際にお土産に買ったのは木靴の模型と木靴のマグネット町並みなどのタイル画などで、これらについては先に紹介しています。オランダに行く際にオランダ航空(KLM)に乗ると、お土産によく家形をした置物を頂くことがありました。それらは高松の家にまだ置いてあり京都には持ってきていませんが、同じような家形をしたマグネットは部屋に飾っていましたので、それらを紹介します。

Dsc_007

アムステルダム

 アムステルダムの運河沿いに、美しい建物がこのように立ち並んでいます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

・ヤバネヒイラギモチの艶やかな葉に、鮮紅色の丸い実がたくさんついていました

先日京都府立植物園に行った際に温室に行こうと木立の中に入った時、クリスマスカラーをイメージするような赤い実がたくさんついた木が見えました。あれ今までこんな木があったのかなと近寄って見ると、角ばった葉の縁に鋭い棘がありヒイラギの葉に似ていました。ヒイラギ(モクセイ科モクセイ属)にはこんな赤い実がつかないし、モチノキ科のセイヨウヒイラギかなと思いましたが、葉は楕円形で丸っぽいはずなのに不思議でした。近寄って見ると幸いラベルがついており、モチノキ科でヤバネヒイラギモチと名前が書いてありました。モチノキ科なら赤い実がつくのは当たり前と納得しました。先に葉っぱがヒイラギ、実の付き方がナンテンに似ているヒイラギナンテンを紹介しましたが、これはメギ科メギ属の常緑性の低木です。

Dscn4522

ヤバネヒイラギモチ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

・海外で買った絵などを飾った我が家の壁ギャラリー(6):イギリスで買ったジョアンナ・シーンの押し花額ほか

今まで海外で買ったり頂いたりしたコレクションの中から、前回にはタイ、中国と韓国で頂いたり買った吊り飾りを紹介しました。これらのコレクションの中には飾り戸棚に入れないで壁に掛けたコレクションもあり、壁ギャラリーとしてタイの留学生から貰った刺繍などを先に紹介 しています。今回は壁ギャラリーに飾っている押し花の額を紹介します。

花の飾りは押し花以外に、プリザーブドフラワー、草花のアートボトル、ドライフラワ-、リースなど、楽しみ方も増えてきています。押し花の作り方もいろいろ最近は便利な道具の利用が可能になり、以前には考えられないような鮮明な色を保った押し花作品もよく見かけるようになりました。ここにはイギリス・ロンドンで見かけて買ったジョアンナ・シーン作の素敵な押し花額を紹介します。家人も花のアレンジメントを習っていて、同じような花額もありましたので一緒に紹介します。

英国のジョアンナ・シーンが始めた押し花額では、ボンドを全く使用せずにプレスされた花々を、絹を貼った台紙の上に置き額装しています。自然の草花の表情の豊かさを楽しめます。ジョアンナはハードボードの上に水取り紙を3枚置き、その上に用意した花を広げ、再度その上に3枚の水取紙を乗せ更に上にハードボードを置き、それらを弾性バンドで固く固定します。このパッケージを電子レンジで数分加熱し、内容物が冷えてから花が乾燥しているのを確認して、額に入れて仕上げています。

Dsc_0125

押し花の額

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

・府立植物園の半木の森では一段と紅葉の度合いが進み、色鮮やかな情景に変化しています

紅葉の時期に京都府立植物園では主にケヤキの紅葉を楽しんでいました、今年は半木の森でも11月に紅葉を楽しみました。今年は更に黒谷の金戒光明寺の色艶やかな紅葉 を見ましたので、半木の森の紅葉はどうなっただろうかと、仕事で訪れたついでに見に寄りました。以前に見たより2週間後の11月末には一段と黄葉の度合いが進み、色鮮やかな世界に一新していました。今年はあまり雨も降らずに乾燥気味で、また夜温が急激に下がってきたためでしょうか、緋色に近い綺麗な赤色でした。何といえばよいのか日本の伝統色を調べてみると、似た色合いとして京緋色、粉紅(まがいべに)、濃朽葉(こいくちは)、海棠色(かいどういろ)、猩々緋(しょうじょうひ)、紅赤(べにあか)、赤・緋・紅・朱、深緋(こきひ)、思色(おもいいろ)、紅緋(べにひ)、緋色(ひいろ)などの分類がありどれが良いのか表現に迷います。後にその色合いを紹介しています。

Dscn4534

京都府立植物園

 植物園マップです。総面積約240,000(甲子園球場約6個分)、植物数は約12,000種類・約120,000本植わっていて、大正13年に開園した日本最古の公立総合植物園です。中学生以下と、70歳以上の人は無料で入園できます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

・知っているようで詳しくは知らない風呂敷の包み方を紹介します

先日京都の名産品紹介の洛趣会を1 22回に分けて紹介しましたが、その中で風呂敷・袱紗の宮井さんのコーナーで「ふろしきのしおり」が置いてありました。日本風呂敷協会作成の、色々の風呂敷の包み方を紹介した冊子でした。なかなか興味深くて読んでみると、話には聞いていた西瓜包みやワイン包みなどの包み方も紹介されていました。

そこで風呂敷のルーツはどこだろうかと疑問になり、ちょっと調べてみました。物を包む布としての起源は奈良時代に遡り、正倉院宝物の中に舞楽の衣装包みとして用いられたもあります。ただしこの専用包みには、現在の風呂敷にはない中身を固定するための紐が取り付けられていたので、現在の風呂敷の利用方法とはかなり異なります。どうも、現在の風呂敷の利用は日本で始まったようです。

風呂敷の名称は、日本の室町時代末期に大名が風呂に入る際に平包(ひらつつみ)を広げ、その上で脱いだ服を包んだり、あるいは足拭きにした等の利用が伝えられています。室町時代の風呂は今の風呂とは異なり蒸し風呂(サウナ)でしたが、入浴の際の習慣は江戸時代にも残っていました。江戸時代初めになって、湯を張って入浴する現在の銭湯が誕生し、元禄時代頃から江戸や上方の町では銭湯が盛んになりました。庶民も衣類や入浴用具を平包に包んで持って、銭湯に出かけていたようです。風呂に敷く布で包むことから、平包に代わって「風呂敷包み」や「風呂敷」と広く呼ばれるようになりました。

最近は家庭に風呂の有る内湯が一般的になり、銭湯は少なくなり衣類を風呂敷に包んで行くことも見られなくなりました。しかし最近では化石燃料から作るレジ袋の使用は環境保護の観点からも好ましくない事から、マイバッグや風呂敷の利用が見直しされてきています。私自身は外国の人へのお土産に、舞子や芸妓などの着物姿の模様が入った風呂敷を使って好評です。たいていは奥さんが壁に懸けて飾ったり、ネッカチーフに利用されたりしているようです。また外国では布で物を包んで持ち運びする習慣は無いようで、図書館や美術館で箱の持ち込みを禁止することはあっても、風呂敷の持ち込みはセーフのようです。

ここには日本風呂敷協会の資料から、風呂敷の包み方を紹介します。意外と知っているようで、知らない包みもあるものですね。

Dscn4354a

風呂敷・袱紗・宮井

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

・タイ、中国と韓国で頂いたり記念品として買った吊り飾りコレクションを紹介します

今まで海外で買ったり頂いたりしたコレクションの中から、酉にまつわるポルトガル土産 シンブルコレクションマーブル紙のペーパーホルダーイギリス・バースで買ったレース編みの額 などを紹介してきましたが、しばらく途絶えていました。私の部屋の壁にはまだ紹介していなかった、スーベニアスプーン、キーホルダーや吊り飾りなどが下がっています。今回はこれらのうちから吊り飾りを紹介します。

家人とはもう旅行に行ってもお土産は買わないことにしましょうねと言っていますが、今までに集まった雑多なコレクションが狭いマンションにあふれています。研究室の本棚に動物の置物を置いていましたが、留学生が帰国した折などに今迄に無かった鳥や動物の置物をプレゼントしてくれたりして、ますます数が増えました。それ以外に私は活字中毒なので仕事に必要な本、楽しみに読む本などが、どの部屋の本棚にも溢れています。現職中には研究室というスペースがありそこに本なども置けましたが、それも無くなった今ではそこから持ち帰った本や品物で部屋が溢れかえり、ご近所の知り合いに頼み、段ボール数箱を置かせてもらったりしています。そんなわけで、さすがにもう断捨離をしなければと思っています。

Dsc_0005

吊り飾り

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

・黒谷の金戒光明寺で開催された洛趣会で、京都の工芸品を拝見し・懐かしいお菓子とお蕎麦を頂きました(2)

先には2017年の「洛趣会」で拝見した名店の中から、若松の高級帯地、一保堂の京銘茶、宮脇賣扇庵の扇、いづうの京寿司、田中彌の京人形、川島の西陣織物、宮井の風呂敷・袱紗などを紹介 しました。前回書き忘れましたが、このような神社仏閣での催しなどの場合には、入り口付近にたむろしている京都独特の「配膳さん」と呼ばれる下足番のおじさんのお世話になります。履物を預かってくれ、預かり札を頂いて部屋に上がります。今回家人は後に寄る所があり、キャスター付きのバッグを持っていたため係の女性に頼むと、ここは履物だけなのでと断られてしまいました。それを見ていた配膳さんは「預かってあげます」と声をかけて頂き、途方に暮れていた家人も助かりました。このような配膳さんはここでは履き物係でしたが、あらゆる会や宴席に出張して、お客様の案内、お茶接待、お膳運びなどの運営スタッフとして昔から活躍しています。ここには前回の続きで、拝見した名店の品などを紹介します。

Dscn4355

洛趣会

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

・黒谷の金戒光明寺で開催された洛趣会で、京都の工芸品を拝見し・懐かしいお菓子とお蕎麦を頂きました(1)

「洛趣会」は、昭和3年(1928)の開始から、今年で83回を数える歴史ある展示会です。京都の老舗中の老舗30軒が、毎年文化の日とその翌日の1134日に主に大きいお寺を会場として、自慢の品を展示する園遊会です。今年は黒谷の金戒光明寺で開かれ、平成24年に続き6回目の開催のようです。販売は一切ありませんが、各店それぞれに趣向を凝らした展示がされており、歴史や美意識が詰まった魅力的な展示に目を奪われます。その展示の途中では表千家と裏千家が1日ずつ点(た)てられる一保堂の抹茶を頂き、とらやの菓子を賞味でき、その後にゆっくりと展示を見ることができます。最後には尾張屋の蕎麦を頂き、満足して帰宅するという段取りになります。昨年の仁和寺での洛趣会についても先に紹介 しています。

今年の開催場所の黒谷金戒光明寺の事は、先の紅葉紹介の折にも書いいます。山号は紫雲山で、浄土宗七大本山の一つです。山越阿弥陀図(重文)など数多くの文化財を所蔵しています。光明寺という寺は全国にたくさんありますが、「金戒」の二字が着くのはこの寺だけのようです。後光厳天皇が八世紀の雲空上人について授戒されたことで、「金戒」の二字を賜ったものです。授戒というのは、修行者・信者としての守るべき戒(信者が守るべき戒律)を授けることです。歌舞伎狂言の熊谷直実蓮生坊が出家した物語でも有名であり、春日局や竹内柄鳳の墓所もあります。勿論先に書きましたように、幕末の松平容保(かたもり)公の本陣旧跡や会津藩戦死者たちの会津墓地もあります、

Dscn4324

金戒光明寺での洛趣会

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

・東山のくろ谷にある金戒光明寺紫雲の庭などの見事な紅葉を見てきました

先に京都府立植物園では、イチョウの木とケヤキの木々の紅葉 半木神社周辺の紅葉を紹介しました。その後何時も参加している京都の名産品の展示会が、今年はくろ谷の金戒光明寺で開かれるとのことで、114日に楽しみに行きました。金戒光明寺は東山の平安神宮の北側に位置します。

金戒光明寺は浄土宗の寺で、開山・宗祖は法然上人です。比叡山での修行を終え、四十三歳の時念仏の教えを広めるために、この東山にある紫雲山山頂の石の上でお念仏をされた時、全山にみなぎり光明があたりを照らしたことからこの地に草庵をむすばれました。これが浄土宗最初の寺院となりました。

金戒光明寺は幕末に、重要な役割を果たしました。幕末の京都は暗殺や強奪が日常化し、手のつけようのない状態になっていました。その頃の勤皇浪士の足跡の一部を先に紹介しています。文久二年(1862年)京都守護職に任命された会津藩主松平公は12月に入洛し、このくろ谷に本陣を構えました。

この金戒光明寺に会津藩士1000名が常駐し、京都守護職本陣に選ばれたのにはそれなりの理由がありました。徳川家康は幕府を盤石なものにする為に、特に京都には力を注ぎました。直轄地として二条城を作ってその横に所司代を置き、何かある時には軍隊が出動できるように黒谷と知恩院をそれとわからないように城構えとしていました。寺に入ろうとすると後の写真にもありますが、かなりの石段に取り囲まれ、堅固な造りになっていて正にお城のようです。上からの眺望は良好で、特に西からやってくる敵に対しては大山崎(天王山)、淀川のあたりまで見渡せます。二つ目の理由として、御所などの重要な場所に近い点があります。御所まで約2㎞、三条大橋東(粟田口)までは1.5㎞の下りで、馬で走れば約5分、人でも急げば15分で到着できる要衝の地でした。更に、千名の軍隊が駐屯できる約4万坪の大きな寺域があり、居住するに十分な宿坊がりました。

その日に家人は大きな荷物を持っていたので、やっとの思いで階段を登りお寺に入りました。帰りには丁度客を載せて来たタクシーがあり、幸いそれで楽に地下鉄の駅まで行けホッとしました。行きには大変な思いをしましたが、洛趣会で見事な工芸品、名産を拝見し、また山の頂だけに色鮮やかな紅葉が見られて満足致しました。ここにはその時に見た見事な紅葉を紹介し、洛趣会の様子は次回に紹介します。

Dscn4319

金戒光明寺

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

・植物園内にある半木神社の池周辺でも木々の紅葉が進んでいました

先に京都府立植物園では、イチョウの木とケヤキの木々が紅葉を始めていたことを紹介 しました。正門から入ってまっすぐ進むと大温室の前を通り、桜の木々の間を抜けると半木神社に着きます。半木は「なからぎ」と読み、この辺りは古くからこの地域の地名でした。しかしこれが読めない人が増えたせいか、今では「はんぎ」と振り仮名が住所標識などにふってあり驚きます。

紅葉(こうよう)と書くとモミジとも読み、また晩秋に落葉広葉樹の葉の色が紅葉や黄葉に変化することも意味します。また、モミジと打ち込むと紅葉あるいは黄葉に変換されます。モミジという植物は意外となくて、一般にカエデの類が対象となり、何か特定の植物を意味するものではありません。また色の変化も紅葉、黄葉と褐葉などの色の区別はなかなか難しい場合が多く、一般には紅葉と表現されることが多いようです。

落葉広葉樹の葉は常緑樹の葉とは異なり、一般に薄くて冬の寒さに対する抵抗性はなく、落葉することで木自体の身を守ります。先ず光合成をしていたクロロフィルが分解されます。その過程で種類によってクロロフィルが分解して元からあったカロチノイドが目立ってきたり、アントシアニンなどの色素ができたりして紫外線などから葉を守ります。その間に、葉に蓄えられた養分を茎や根に回収します。元からあったカロチノイドを持つ葉は黄葉し、アントシアニンができた葉は紅葉します。養分の回収が終わるとエチレンなどの老化ホルモンが作られて葉の基部に離層ができ、枝から葉は離れ落ちるようになります。回収された養分は、春になって新しい葉ができるのに使われます。

Dscn4421a

紅葉

 落葉樹に交じり常緑樹もあり、紅葉の色合いが非常に複雑で、微妙な紅葉の色合いが楽しめました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

・今年もイチョウの木は黄葉し、ケヤキの木々も紅葉が始まりました

キンモクセイが芳香を漂わせたと思ったら、京都府立植物園ではイチョウの木は黄葉して銀杏をつけ、エントランスではケヤキの木々が紅葉を始めていました。イチョウの木はイチョウ科イチョウ属に属する、中国原産の裸子植物です。普通に見かける被子植物と異なり、タネになる胚珠が裸状態で花の中にあります。世界古来の樹木の一つであり、世界的に繁栄したが氷河期にほぼ絶滅し、イチョウは唯一現存する種(シュ)なんです。現在イチョウは、生きている化石として絶滅危惧IB類に指定されています。

イチョウの木は日本ではよく見かけますが、ヨーロッパではあまり見かけません。それはヨーロッパのイチョウは細菌によって死滅した後に、1693年に長崎に来ていたケンペルによりヨーロッパに持ち帰られたものからだけ広がったためです。イギリスでお世話になったシュワーベ先生も、庭に植えられた小さなイチョウを自慢していたことを思い出します。

Dscn4460

紅葉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

・今年も平野神社では酔芙蓉の花がお酒に酔ったように白色から薄赤色、赤色と色とりどりに変化していました

昨年秋にスイフヨウ(酔芙蓉)の花を偶然平野神社で見かけ、白色、薄赤色や赤い花が綺麗に咲いていることを紹介 しました。スイフヨウはアオイ科フヨウ属の落葉低木です。先に同じ科で同じ属のハイビスカスフヨウを紹介 していますが、葉の形態は共通で花弁も5枚で旋回し椀状に広がっています。先端で円筒状に散開するおしべは根元では筒状に癒合した雄ずい筒を作り、その中心部からめしべがさらに突き出て5裂しています。ただ酔芙蓉の花弁は一重ではなく、普通では八重の花でたくさんの柔らかい花弁が何層にも重なっています。

スイフヨウは朝咲いた時には白色ですが、午後にはピンク色から赤色の変化します。マツリカ(茉莉花、アラビアジャスミン)の花も同様に、同じ株から白色から薄紫、ピンクがかった紫色など、いろんな色の花が一緒に咲いてとても綺麗なことを紹介しました。

Dsc_0039

酔芙蓉

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

・京都府立植物園で開催された第50回秋のバラ展をみてきました

京都府立植物園で1020日から22日までの3日間、第50回秋のバラ展が実施されました。市内のバラ愛好家により丹精込めて栽培された切り花約800本、オールドローズや新品種のばら鉢植え約150鉢が展示されました。そこで最終日に、花瓶に挿された各種の色のバラを見てきました。

バラにはいろんな分類がありますが、花の形・大きさからはミニチュア(姫バラ、     Minハイブリッドティー四季咲き大輪種、HT)、フロリバンダ(四季咲き中輪種、 FL)、クライミング(ツルバラ、CL)、ポール仕立て(P)などに分けられます。

今までに植物園バラ園に植えられていたバラなどを、ツルバラハイブリッドティーフロリバンダ ポール仕立てのバラについて紹介してきました。更にモッコウバラアンネのバラ晩秋のフロリバンダミニバラについて、またバラの切り方・剪定 について、植物のバラではない砂漠のバラも紹介 してきました。

 今回は、バラ展で見た見事な切り花のバラを紹介します。

Dscn4200a

バラ展のバラ

見事な剣弁高芯の花を選んで示しました。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

・秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 金木犀の 香にぞ驚く

秋になるとマンションの入り口に1本のキンモクセイが植わっていて、秋の訪れを知らせてくれます。今までに、芳香漂うキンモクセイについて紹介は一度していますその折にも書きましたが、父は外国航路の貨物船の船長をしていて留守がちで、若い頃の母はせめても秋の香りを父に届けようと、航空便の封筒にキンモクセイの花を入れて送っていたようでした。キンモクセイの香りがすると、いつもそのことを思い出します。そんなキンモクセイの花ですが、いい香りだなと思いつつ、ジックリと花の形を見ていませんでしたので、今年は接写して花を詳しく見てみました。図鑑を見るとキンモクセイは雌雄異株ですが、原産地の中国南部から日本へは江戸時代に雄株だけが渡来し、雌株は入ってこなかったようです。雌株は実をつけるのでその着花負担のため、花数は雄株より少ないので、日本には導入されなかったのでしょうか。日本での繁殖には、タネでなく挿し木で繁殖しています。挿し木をしても、花が咲くまでには5~7年かかりますので、気長に育てる必要があります。

 

Dsc_0014a

キンモクセイ

 キンモクセイの木とその落ちた花、それに花の接写した拡大を示しました。

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

・壁ギャラリー(1)で飾っている、いわさきちひろ展で買ったポストカード

先に安曇野ちひろ美術館のショップで買った記念切手、童画ノスタルジーシリーズ「第2集」を紹介 しました。そのおり、過去のちひろ展に行き、ケッチや著書の「ちひろの絵のひみつ」を買ったことを書きましたが、それは平成6年高松市美術館で開催された「いわさきちひろ展」でした。ポストカードを10枚余り買い、同時に買ったポストカード用のアクリルフレームに入れ、壁に架けたり机の上において飾っていました。

ちひろさんは議員秘書をしていた松本善明氏と1950年に結婚後も東京で、新聞カット、雑誌や児童書の挿絵を描いて働いて生活を支えていました。そんな忙しい生活の中、1951年に長男武君が生まれますが、子育てしながら仕事を続けるのは大変でした。それを見かねた長野の両親の勧めで、猛君を両親に預けることになりました。お金がたまればちひろさんは9時間かけて長野まで行き、わが子を抱きしめてお乳をあげ、スケッチをする以上に息子の姿を心に焼き付けたそうです。1952年になりやっと、両親が練馬区に購入していた土地に家が建てられて猛君を引き取ることができ、我が子というモデルを得て、ちひろの描く子どもは格段に進歩していきました。隣には妹夫婦が住んでおり、その姪御さんは猛君のいい遊び相手で、二人とも彼女のよいモデルになったことでしょう。ここには「いわさきちひろ展」で買ったポストカードを紹介します。

 

Ac01

いわさきちひろ展

 買ったポストカードを、モデルの生育の順に並べてみました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

・長野の安曇野ちひろ美術館で絵を見た後、いわさきちひろ原図の記念切手を買ってきました

私はいわさきちひろさんの描くやさしい絵が好きで、美術展があれば出かけてそのスケッチや著書の「ちひろの絵のひみつ」を買って愛読しています。ちひろさんは1918年に福井県に生まれ、東京育ちです。東京府立第六高等女学校卒業後、藤原行成流の書を学び、絵は岡田三郎助、中谷 泰、丸木 俊に師事されています。子どもを生涯のテーマとして描き、9300点余りの作品を残し、1987455歳で歿されています。10か月と1歳の赤ちゃんをモデルなしで描き分けられたといわれる確かなデッサン力と、日本の伝統的な水墨画にも通じるにじみやぼかしを用いた独自の水彩技法で、数多くの子どもを描き続けました。1977年にアトリエ兼住居跡にちひろ美術館・東京を開館。1997年両親の故郷である安曇野に安曇野ちひろ美術館を開館しています。

 

先にはやはりちひろさんの可愛い切手・「季節のおもいでシリーズ春」(第2集) と、童画のノスタルジーシリーズのほのぼのとした「第1集」記念切手 を紹介しています。今回は、先日京都から日帰りで往復700㎞を行く日帰りバス旅行で、安曇野ちひろ美術館に行った際に、ショップで見かけた童画ノスタルジーシリーズ「第2集」を買いましたので、それを紹介します。絵の説明には、日本郵便の解説を利用させてもらいました。今回は彼女の作品が多く載せられている「別冊太陽 いわさきちひろ」も気に入り、購入しました。

C01

 

安曇野ちひろ美術館

 

 

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

・今年も萬福寺の塔頭の一の宝善院で、唐僧直伝の精進料理・普茶料理を頂きました

普茶料理は中国福建省の住持の隠元禅師(日本黄檗宗の開祖)等によって伝えられ、この洛南宇治の地に300年以上の伝統を誇る禅宗の精進料理です。普茶(あまねきの茶)とは大勢の人の力を借り「法要・行事」が行われ、その後にお礼の意を込めて供する料理が普茶料理として伝わっています。箸置きが無いのも禅宗の無駄を省く心で卓の端に箸を外向けに置けばよいと聞き納得しました。料理は和尚さんが材料を吟味して作っておられ、奥様から説明を受けながら美味しく戴きました。普茶料理を始めて頂いた2011年秋に、その料理があまりに美味しくて紹介しています。それ以来毎年秋に宝善院普茶料理を頂いておりますが、今年は早めに松茸が出だしたので焼き松茸を加えた料理のお知らせを頂いたので、その料理を紹介します。

 

Dscn3769

普茶料理

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

2017.10.17・秋の訪れとともに今年もヒガンバナが色鮮やかに咲いています

秋らしくなると共に、汗をかかずに散歩できる良い気候となりました。いつもの散歩道の途中で平野神社に寄り、今年のヒガンバナの開花程度はどうかなと庭園に見に行きました。咲いていました。いつもより数が増えて、真っ赤なヒガンバナとシロバナマンジュシャゲが咲いていました。今までにもその球根には毒があること 、更に夏から秋への草花のバトンタッチとして咲くこと、また京都府植物園でもヒナサンショウバラの丸い実が熟する頃、赤や白のヒガンバナも満開に咲いているのを紹介しました。

今年は植物園で毎月開催している講演会で、ヒガンバナの分類と来歴を調べておられた樽本先生に「ヒガンバナと日本人」と云う題で講演をして頂いたところでした。興味を持っておられる方は、先生が「農業および園芸」(養賢堂)2016年第3号から2017年第6号までの15回の連載記事がありますので、図書館ででもご覧ください。その要点は、マンジュシャゲは中国から渡来したとされるが、その時期は稲と共に弥生時代に来たのではなく、室町時代に禅宗の留学僧がもたらしたこと。それは仏教発祥の西方(天竺)にあると聞き及ぶ、天上に類なく美しい曼珠沙華と考えたため、持ち帰ったようです。ヒガンバナは救荒作物として水にさらせば食べられますが、その増殖率は低く作物として栽培されたのではないようです。田の畔などに植えられ、雑草やモグラの浸入を防ぐため利用されてきたようで、1000以上の里名が日本各地にあります。

今年は講演を聞いた影響もありますが、花の形態が気になり詳しく観察してみましたので紹介します。

 

Dscn38283

ヒガンバナ3

平野神社のヒガンバナ、シロバナマンジュシャゲと家人の実家で栽培しているピンク色のヒガンバナです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

・海外で買った絵などを飾った我が家の壁ギャラリー(5):タイの留学生からもらった丹精込めた刺繍作品

海外で買ってきた小さな額の絵などを、我が家のささやかな壁に飾っています。今までにその内からピーターラビットの作品クマのプーさんなどの立体切抜画 イギリス・バースのレース編みの額 西ヨーロッパ国々のタイルなどを紹介してきました。それからかなり時間が経ちましたが、ここにはタイの留学生が学位をとって母国に帰る際に贈ってくれた刺繍の作品を紹介します。とても制作するには根気のいる大きな作品で、今年も家族連れで来てくれた時に壁にかけているのを見せました。今ではとてももうこれだけの刺繍はできないと笑っていましたが、子供たちに自慢して説明をしていました。

Dsc107

刺繍作品

作品・野菜と、作品・風景です。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«・北野天満宮のずいき祭りには子供用の瑞饋神輿も参加します